nature and tech.

地球平和の前に家庭平和

Ecstatic dance エクスタティックダンスの世界

1月末に行ったバリ島では天気にも恵まれず、修行だった、と以前書いたが、最終日にスペシャルな体験ができた。もうそれは感動的でこの世界の見え方を変えた。

 

夫に子どもを託し(Thanks!)、UbudParadisoという映画館兼ワークシップスペースでecstatic danceのクラスに参加した。この旅では珍しい晴天、見知らぬ町を自分のペースでゲストハウスからスタジオまで歩けるだけでウキウキ絶頂!私は冒険と自由を愛していると改めて思った。

 

ecstatic danceは音楽とともに自由に身体を動かす場で、「動く瞑想」とも言われている。昼間で、お酒はなくファシリテーションがある、ということ以外には、クラブダンサーにとっては何も目新しいことはない、「ただただ踊る」のである。

www.ecstaticdance.com

 

私は踊るのが好きで、幼い頃から踊っていた。リトミックに、幼稚園のお遊戯会、創作ダンスのコンクール、ストリートダンスのショーケース、ジャズダンスの公演‥いつもダンスに伴う活動に私は熱中していた。青春の大きなパーツである。そこには、いつも見本となる動きがあり、発表の場がゴールとされ、それはそれはプレッシャーであった。

 

今だに見る決まった悪夢がある。

ステージで息が上がって、ダンスのフリが飛んだり、テンポが遅れたりして、やばいっっ!!!胸がドキドキしてバッと目が覚めるのだ。

 

群舞の発表は誰かのためのダンスにならざるをえない。立ち位置も決まってる。和をみだしてはならない。めちゃくちゃ息があがっているのに笑顔を作ったり、角度を意識したりする。相当な踊り込みの末の陶酔か、天性のショーダンサーでない限り、それを気にして踊ることになる。そして悪夢が現実にならないよう、極度に緊張する。楽しいのだけど、自由ではない。

 

私はEcstatic Danceに惚れ込んだ。徹底的に自由に踊れる。場の力を感じた。音楽に抑揚があり、様々な感情が引き出される。Paradisoファシリテーターの音楽のセンスがすごくマッチしてよかった。私はクラブやパーティで踊るにも若干周りが気になったりして、思いっきりエモーショナルには踊れなかったのだが、ここではそれができる。誰のためでもなく、誰も評価しないから、変な動きだって構わない。疲れたら休めばいい。スペースも広く、みんな走り回ったり飛び跳ねたり、寝転んだりしている。

 

2時間は長いだろと思っていたがアッという間だった。参加者は老若男女、それぞれに動いたり、動かなかったり。彼らの感情、命の輝きを感じた。私も没頭した。慣れているダンサーなのだろう、身体と身体をべったりくっつけている人たちもいて、最初のうちはそれに驚き、警戒していたところはあった。一人で踊りたかったのだ。が、そのうちに誰かと踊ってもいい気になってきて、アイコンタクトがあったり、なかったり、つかず離れず、一緒に踊ったのも楽しかった。エネルギッシュな場だった。

 

最後にしたい人だけシャアリングのサークルがあった。ファシリテーターの方が動きでも言葉でもいい、と言うので、身体の底から湧いてくる感謝が動きになった。いつもはおしゃべりな私もその時はもう胸がいっぱいで言葉が出ず、でも体が動いた。涙を流す人もいて、私も泣いてしまった。美しかった。世界が輝いて見えて、ダンスの前と後では違う人間になったようだった。