nature and tech.

地球平和の前に家庭平和

地引網で残った小魚400kg超を「魚醤」にしている話

今年の7月はじめ、ネイティブの夫は小学生の時から毎年地引網をやっていたそうですが、私はここ浜田海岸で初めて地引網を体験した。

f:id:mindlogchihiro:20170716094656j:plain

もともと漁村だったこの地区も今は週末の観光漁業だけが残されている。普段は農家のおじさんたちがこの日は漁師に。丸太の下駄をいくつも運び並べ、船を男たちが押し海へ漕ぎ出す。腰より高い波に体をぶつけて船に乗り込む姿が勇ましかった。炎天下、浜にトラクターを走らせて楽しそうなおじさんたちに、村の新たな一面を見た。

表浜(おもてはま・渥美半島の太平洋側)の中でも、浜田の網はかなり大きいらしく、漁獲量が多いと聞く。日本昔ばなしにもある通り、このあたりは昔から海の恵みが豊富なのだ。

nihon.syoukoukai.com

この夏は朝早起きして海に入ったり、一人で散歩することも、家族でデイキャンプすることも多く、海との関係が変わってきている。漁師のおじさんに声をかけると「あんた海でゴミひろっとったでしょう」とか「泳いでたでしょ!」と言われ、そういう海に関わる人との関係も含めて。田原市は両側を海に囲まれているけれど、移住者の私からすると意外にも地元の若者で海に遊びにいく人は多くはないのだが、一方で毎朝海をチェックしにくる、という習慣のあるおじさんはも一定数いるのも事実。(不思議とおばさんはほとんどいない。やはり狩猟は男のサガか。)

 

さて、いざ網が上がると、大漁大漁!!カマス、アジ、イワシ、サバ、ちいさいタイやサメ。

f:id:mindlogchihiro:20171114141340j:plain

この5年間、”農耕狩猟採取民族”であるお義父さんのおかげで私もだいぶ魚の顔と名前が一致するように。また、その調理法なども、東京暮らしでは身につかなかっただろう知識がついたのも、義親と毎日夕食を共にしているからだろう。ちなみに小魚は丸ごとオイル煮か、片栗粉で唐揚げなどして、我が家ではいただいている(内臓そのままでも)。

 

問題は最後に残る10cmにもならないような小魚たち。地引網に参加した200人ほどがほしいだけの魚を各家庭に持ち帰っても、山のように小魚が残る。時々、海岸を散歩していて、小魚の死骸が波模様を描いて打ち上げられていることが気になっていたが、地引網で獲り過ぎた分のようだ。網にかかった魚たちは泳ぐ力がもうないため、人間が海へ流しても、また岸へ打ち戻される。鳥が食べても食べきれない。

f:id:mindlogchihiro:20170716104757j:plain

ブルーシートの上で力がなくなった小魚の山を前に、夫が「全部持って帰ろう!」と言い出す。当初は20リッターのバケツ一杯分は魚醤にしようか~という予定だったのであまりに想定外だったが、結局うちから大きな樽を3つずつジムニーに積んで3往復。夫はこの海で網元をやっていたというご先祖が憑依したかのように夢中になっていた。

 

急遽発足したフードロスプロジェクトに手を貸してくれる人も出てきて、もうやり切るしかないと私も覚悟。地引網がひと段落したらホームセンターに走り、あるだけの漬物樽と重石と粗塩を購入。結局夕方から夜にかけ、友人家族に手伝ってもらい、魚を洗い、水を切り、20パーセントの塩で漬け、結果、400kg超を樽にして14個。uecologyの前で保管している。美容室の前で魚を発酵させているとは!でも臭くない。

f:id:mindlogchihiro:20170717094003j:plain

 参考にした『発酵の技法』によると、 

魚醤はすべての調味料の母

2000年前には古代ローマで最も好まれていた調味料だった。

らしい。

魚醤は基本的には液化した魚であり、魚の細胞は、科学の専門書に自己分解や加水分解として記述される酵素の消化作用によって、固体から液体へと変化する。

(中略)小型の海水魚や軟体動物、あるいは甲殻類をはらわた(内臓)ごと使う。「魚の淡白質加水分解を行う酵素は、主に内臓に存在する」とKeith Steinkrausは報告している。『Journal of Agricultural and Food Chemistry』でタイの魚醤ナンプラーの製造を調査していた研究者のチームによれば、魚は塩をする前に24時間から48時間、室温に放置される。「これによって実際に発酵プロセスが始まる」。

次に、塩を加えてよくかき混ぜ、均一に行き渡らせる。十分に塩をすることは、魚を急速な腐敗や、C.botulinumを含む危険なバクテリアの増殖から保護するために重要だ。大部分の現在のスタイルの魚醤には、(重量比で)25%以上の割合で塩が含まれる(中略)『 International Handbook of Foodborne Pathogens』では、室温で「水溶液フェーズ」にある魚のボツリヌス中毒のリスクは10%の塩で十分に防止できるとされている。 

発酵の技法 ―世界の発酵食品と発酵文化の探求 (Make:Japan Books)

発酵の技法 ―世界の発酵食品と発酵文化の探求 (Make:Japan Books)

 

 

この村にある長仙寺の中には高崎のご先祖の名が刻まれた「魚鱗塔」もある。魚の供養のために昔の村人たちが建てたものだ。数年前に発見したが、蔦に飲み込まれ、今にも忘れられそうな存在を、夫はなにかと気にしていた。魚醤を仕込んでから初めて、10月末に、蔦をはらい、仏僧の友人に一緒に来てもらい、手を合わせることができた。

 

一度関わった命は最後まで面倒を見る。拾ったキジも、一度飼うと言った犬も、同じこと。(って桃太郎みたい)一度関わったいのちを放るのができないここ最近。

 

地引網の企画者でもある近所のMちゃんと夏以降、魚醤をかき混ぜたり、塩を足したり、様子を見てきたのだが、週末についに味見。旨味がすごい!お湯とパクチーいれるだけでよし。状態としてはまだ全てが液化しているわけではないのでもう少しこのままにしておく。

 

つづく‥

二番目の幸運と苦悩、兄弟という他者

我が家の寝る前の定番はNetflixでひと番組みて絵本を読むことなのだが、今日は『しゅっぱつしんこう』だった。昭和時代、都会に暮らすおかあさんとみよちゃんが特急電車から急行電車、普通列車に乗り換えて、田舎へ帰省する道中の話である。

f:id:mindlogchihiro:20171101011717j:image

(田んぼの中の看板が ま ん じゅ う)

ムスメさんに読んでいると、1歳半の坊やがこちらに来て絵を指さし「ぶっ ぶー」「ぶっぶー」と伝えてくる。

ページをめくるたびに「ブッブー」と笑顔で指差し。まあ確かに車両、という意味ではぶっぶーなのだが、線路の上を走るやつは「でんしゃ」である。

f:id:mindlogchihiro:20171101011946j:image
ラピュタは例外)
ムスメさんはお姉さんを代表して「でんでん」と教えてあげる。「でんでん!」とその瞬間は言うが、ページをめくると興奮して「ぶっぶーー!」とまた指をさす。

二番目というのは得である。かくいう私も二番目である。
姉やムスメさんには言いづらいが、何が得かってことを今から解説する。

親はなにもかも初体験の子育てではない。上の子と生きてきた学びや反省が多かれ少なかれある。最初の子には神経質だ。それは5年たった今でも私はそう。なにもかも、何才の親になるのも上の子の場合には未知の世界だが、二番目の子にとっては二度目である。

もちろん個性のちがいはある。男女の違い、環境の違いもあるだろう。でもなんというか、親としての経験の場数が一人目とは違うということがこれほどまで心強いことなのかと。

そしてそれは親の私だけではない。偉大なる存在が「でんでんだよ」と教えてくれる。心強さは母の場数×ねえねのいのちの輝き∞(無限大)である。(大袈裟だけど、ほんとそう)ここにさらに、×父の場数×夫婦の場数×ばばの場数×じじの場数×親子の場数まで掛け算されている。どれかの係数がマイナスである場合は辛いが、私の場合、全てが1以上であると言える。

二番目はなんと得なのか。坊やも最近二語を発する様になったのだが、最初の文章は「ねえね、いっちゃった」である。一語の世界から飛び出す、そのほとばしりは、大好きなおねえちゃんが自分から見えないところへ行ってしまったことを、私に共有しようとするものだった。

二番目にとって上の子は日常の一番の刺激である。子どもは大人とは違う。動きも発想も声も立場もなにもかも。赤ちゃんは本能的に知るだろう、姉(兄)は自分に一番近い他者だということを。母親とは生まれた後もしばらく一体として感じているかもしれないけど、その間上の子をどう感じているのだろうか。

「でんでん」のように言葉を真似するのも上の子をベンチマークすればよい。動きもなにもかもが上の子のマネだ、真似るは学ぶ。坊やの学習能力が高いのは彼の素質×子ども的な動きのお手本が目の前にいるという環境の両方だろう。

母親と子の両者が要領がよくなることで、二番目は母に「上の子の当時」よりかまわれなくなる。上の子にも手がかかる以上、時間的に「上の子の当時」よりかけられないのはまぁ当然だろう。さらに、一人目でべったりだったことを反省した私は、友人の言葉を借りれば、坊やを”いい感じに仕上げ”ている。彼の素質や偉大なる存在ねえねのおかげでもあるが、私以外でも楽しそうで、眠れて、安心できるように母親の私が環境づくりをしているからでもある。坊やについては今のところ、それがいい感じの仕上がりなのだ。

こんなことを知れば、まるで十代の私がそうだったように、「(姉に比べて)親にかまってもらえなかった」と親を責めたり、寂しい気持ちになるかもしれない。それについては、もう、たぶん、不可避。もちろん二番目だった私は坊やとの関わりでそれを意識せざるを得ないんだけど、坊やにとっては姉はたった一人の絶対的な存在だからね。

 

まあそれが二人姉弟か四人姉弟かの違いは大いにあるだろうけれど。兄弟を比較しないっていうのも、同じモノサシで測ろうとしない、っていう意味では賛成だけど、親は比較してそれぞれの個性(違い)を感じていると私は思う。兄弟関係ってほんと、最初の、逃れられない他者だね。

 

自分平和を取り戻す場「イドバ」始めました

9月11日に「井戸場(イドバ)」を始めました。毎月11日はイドバを開催し、子育て世代の女男(男女っていうのが普通だけどまずは女から)が集い、保育士さんもいる環境で、親同士で話せる場づくりをしています。

言い出しっぺは8月末に行われた『男女共同参画&しみんのひろば』の実行委員でご一緒した加子さん。加子さんは保育士の大谷さんとともに、ずっと前からこういうことをしたいと思いを温めていた方で、しみんのひろばで私がホストした『たはらde子育て井戸端会議』の後続企画的に「イドバ」としてスタートしました。(田原にスタバがないけどイドバはある笑by加子さん)

なんとなくでネーミングした井戸端会議でしたが、「井戸場」って漢字を当てると「イドバ」に続くのも良い気がしてきました。昔は集落に井戸があり、そこに集まる嫁さん連中が水汲みがてら世間話しや身の上話しに花を咲かせたのでしょう。それこそ女たちの息抜きの「場」になっていたのだろうから。たいていの人は語るのに「場」が必要です。

私はイドバを「自分平和を取り戻す場」にしていきたいです。散々言っている「世界平和の前に家庭平和、その前に自分平和」の意味は、まず自分が自分に嘘がなく、それを周囲(家族)に表現することによって、心地よく生きられることなのかなと最近考えます。

9月のイドバで印象に残ったことは、大谷さんが、地元出身者の女性は「自分が本当に思っていることは言ってはいけないこと」と思い込んで言えない傾向にある、と仰っていたこと。女は、嫁は、かくあるべき、という無意識のプレッシャーを女性自身も自分に課しているというのです。

私は「意見する」ことを臆さないので、家族や友人や職場などでも意見と議論は普通のことで、必要なことだと思います。夫も私と暮らすようになってから「意見をズケズケ言う」ことが悪いことだと思わなくなった、と言っていました。
そう、私は結構ズケズケ言うのです。
そんな私でさえも今年の夏までは、無意識に理想の母親像に囚われて、自分が本当に必要としていることをうまく表現できていなかったのでした。

mindlogchihiro.hatenablog.com

 

最近ではメンタルヘルス業界やスピリチュアル界隈の人以外でも「呪い」とか「抑圧」とか一般的なワードとして言うようになってきているのではないでしょうか。(呪いって言葉がオカルトじゃなく通じる社会ってスピリチュアルじゃない?逃げ恥?)この選択肢の多い時代に「女は、嫁は、かくあるべき」はもう存在しない、言うこと自体が「呪い」であり、それを言われた人は「抑圧されている」と解釈され始めている今日。無意識に囚われているジェンダーを脱ぐことが必要な時が誰にもあります。

現実には、本音で生きるのを諦めている人は多いのでしょう。脳科学者・中野信子氏は世界で比較すると自分を幸せと評価する人が少ない日本人をこう分析します。

logmi.jp

理想主義的要素の強い社会では、自分が何かを達成する、何かを実現するというよりも、なるべくバッシングを受けないようにするのが生き延びるのに最善の戦略となります。ほどほどの幸せ、ほどほどの利得ということが一番賢いやり方だと、両親にも先輩たちにも言われるのではないですか。
目立たないように、突出しないように振る舞って、自分の利益はこっそりと仲間内だけでおすそ分け、というのが一番いい戦略になります。あんまり希望のない話で申し訳ないようですけども、日本こそが、そうした戦略が適応的である社会です。これが世界的に見たときの幸福度の低さに反映されているという考え方です。

 

ということで次回もやります。

イドバ vol.2
2017年10月11日(水)14時から
田原市福祉センター ボランティアルームにて

色々書きましたが、まあ、話そ、ってことです。まったく堅苦しい場ではないので、お気軽に。参加連絡も要りません。スタバがないからイドバなら笑、私がハンドドリップで珈琲でも淹れようかと思ってます。もちろん子連れでどうぞ。