nature and tech.

地球平和の前に家庭平和

共感疲労、無常の気づき

2019.311こちらの講演を聞きに三河湾の向こう側まで行ってきた!

 

完全に娘に「共感疲労」していると気づいた‥。

 

子育てに、人間関係に共感は大事。子どもにはたとえポジティブだとしても「エライ!」「いい子!」などの評価ではなく、「掃除が好きなんだね」「作るのって楽しいよね」「一緒にやろう」など、ともに感じる”べし”。

 

私はその”正論”を厳守しようとまたもや力んでた。

生真面目で力むのがほんと癖。情報が入ってくると影響されやすいとも言える。

子どもの幸せを願う気持ちはあるし、はたまた「間違えたくない」という恐れがあるのかもしれない。

 

ここ最近娘は私にすごく執着しており、私の身体を触ったり、休みの日に物理的に同じ空間にいないと不安がって泣く。私は身体的に、精神的にベタベタされすぎるのが不快で、されればされるほど、自由がほしくなり苦しい。ここまでが、「私」に起きていることである。

 

彼女が泣くと、私も胸が痛い。それは慣用句的なことではなく、身体的にそうなのだ。泣いている娘が憑依したかのように、それを思い出して自分もしくしく泣けてしまうこともある。

ひとつの身体の中で相容れない二人分の感情がお互いを批判し合い、葛藤が起き、鬱みたいになっていた。

 

しかし後半は「彼女」に共感している自分である。私は過剰に共感し、それに疲れていたのだ。

これについて、今回の講演ではよく説明されていて助かった。

 

子どもが苦しんでいても、それは子どものもので、自分のものではない。

慈悲と共感疲労は違う。

 

そして藤田さんによると慈悲(コンパッション)のベースはマインドフルであることらしい。

 

思考で生きるのではなく感じる。首から上でなく、腹で生きる。

そう最近周りからよく聞こえる。正直それがまだ完全には(まさに)腹に落ちてないのだが、時を同じくして、友人の死が教えてくれることがあった。

 

無常。誰もが死に向っている。明日事故で死ぬかもわからない。

何事も見方による。世界は自分の解釈で映し出されている。

 

例えば、手に針が刺さっている画像を見る。するとそれだけで「痛い」と身体が反応する。

「これは針の治療のためにやっています」と状況を説明すると、画像を見る人の痛みは軽減する。

感覚さえもが、見方による。

 

マインドフルネスのことを見聞きするたびに、「では問題の解決や、関係の改善について忘れちゃっていいのかな?」というような成果至上主義な疑問が出てきていた。

極論を言えば忘れていい、ということだと納得するようになった。

今この瞬間、心穏やかに感謝と愛を感じて生きることが何より気持ちのよいことで、それで十分。

 

また私の中で、先日のファイブリズムのクラスでの体験が、つながる。

 

困難をアートに、アートを気づきに、気づきを行動に。

 

呼吸やダンスで自分の中心に戻る。穏やかに感謝と愛を感じる。そこからいつでもリスタートできるものなんだと。生きてさえいれば。

 

本当に必要な気づきは忘れない。それを行動に変える。

そして、問題や関係が変わっていく。そういう順序。

短時間で生じては消える感情もあれば、人間の関係性のように何年もの時間をかけ生じては変わって行くものもある。

 

子どもも親も成長する。それはよくわかっている。

しかし今が辛いのだ。逃げたい、自由になりたい、一人になりたい。

この今の苦しみを苦しみとして受け止め、必要に応じて一人になり、また自分の中心に戻る。

そして目を開ければ、またここに家族との生活はある。

生きてさえいれば、自分が穏やかになれば、時が経てば、世界は変わっていく。

 

問題だ!と思い悩んで、暗い気持ちになって、あげくの果てには、共感疲労

そのまま死にたくないね。

 

ファイブリズムズSweat@名古屋 自分の中心に。

エクスタティックダンスについて探究心が猛烈に湧いていて、日本のしかも田舎にいてはチャンスがなかなかない中、5rythemsSweatクラスというのが名古屋で行われていることを発見。先日、片道2時間かけて参加することができた。

 


名古屋の雑居ビルの二階の広くはないヨガスタジオは11人の参加者が自由に動くとめいいっぱいだった。前々日にuiちゃんの幼稚園で親子のリズム(さくらさくらんぼ)があり、それも相当楽しかったのだが、若干筋肉痛だった(苦笑)。最初はゆったりとしたリズムでストレッチしながらいたけれど、いつのまにか全力で踊っていた。

 

Ubudでエクスタティックダンスのクラスに参加した時、こういう個々の自由をそのままに、というグループは日本ではなかなか成立しにくいのではないか、とぼんやり思っていた。でも、名古屋のクラスではもうみんな自由すぎて痛快だった!みなさん相当な集中力で、その場に居られるのが嬉しかった。

 

ここ最近、uiちゃんが以前に増して私を求めるようになっていることに困っていた。四月に小学校入学を控え、環境変化にセンシティブになっているのかもしれない。土日など彼女が家にいる時に私に出かけないでほしいと泣くのである。いっときも離れたくない、寂しいと。そんな2~3時間じゃん!かならず帰ってくるよ!と言っても聞かず、泣きじゃくる。「ママだってそんな制限されたら辛いよ!」「これはママの夢なの、これに行けなかったら、uiちゃんのこと嫌いになりそう」とこちらも泣き出す始末。あーあ、人格そのものを嫌いになるとか、一番やっちゃいけない脅しだよなあ、罪悪感はつのる。

 

名古屋に行くのもなるべく近くまで一緒に来て、街で遊ばせながら私を待つということになり、家族全員で出かけたのだった。泣いて嫌がった末になんだかんだ言って私を送り出してくれた娘と、の予約を朝一と夕方に調整して名古屋までついてきてくれた夫、よくわからず一緒にきた坊や、罪悪感を持ちつつ探究と自由を求める私。

 

そんな背景だったので、余計にその場に居られることが奇跡のように感じられた。たっぷり踊ったあと、バラードが流れ出して、涙が止まらなくなる。

私は自由が必要だ、自由が必要なのだ。たとえそれが我が子でも私の身体と精神の自由を拘束されたくはない。その場にいられることに猛烈に感動していた。

 

少し落ち着いて目を開けると、今度は自由なダンサーたちの姿に感動してしまい、思わず合掌。またもや涙が出てきた。結局後半はあまり踊らず、泣いた。空っぽになった。

 

ファシリテーターの梅田さんから「開いている状態なので、2~3日は感じやすかったり、涙が出てきたりすることがあります、周りの人はそうではない人がほとんどだと思うので、現実でこまったらちょっと閉じる、というのを意識して」とのアナウンスがあったのだが、その通りで、2日泣いてばかりいて、鬱みたいになった。3月は去年も鬱になったなあ。

 

そのまま遠慮なく開けっぴろげて、自分が何者かは変えられないのだから、感じていることそのままを夫に聞いたもらった。喧嘩になったが、今回は早めに出口が見えたと思う。もう出し切っちゃったら、夫になにを言われても冷静になっていて、夫が言いたいこともある程度聞けたと思った。子どもと一緒に過ごす時間はもちろん大事だし、子どもの気持ちも尊重するけれど、同じく私自身のニーズと感情も尊重したい。自由と探求は私の大事なニーズなんだ。そうはっきりわかった。あと、家族以外の人との繋がりももっと必要。最近そう感じている。

 

自由なダンスで「自分の中心」がわかった。自分はここにしか居ない。自分を一番知っているのは自分である。自分の感覚をたよりに生きる。

 

夫も子どもも自分ではない。しかし自分を必要とする。私の時間と身体の自由を確保しながら、彼らに愛を持って接したい。私は自己犠牲はしたくない。私のしたい献身ならするが、ご飯くらい自分でよそってほしい時もある。

「自分勝手」とは、「おもいやり」が感じられない時に使われるのだろうか。誰もが自分のものさしでしか生きれないのだから、誰もが「自分勝手」に見えても不思議ではないが、他者に「自分勝手」のラベルを貼るのは「おもいやり」を感じられていない心の叫びなのかもしれない。

 

困難をアートに

アートを気づきに

気づきを行動に 

      by ガブリエルロス (ファイブリズムズの創始者

 

 

 

 

 

Ecstatic dance エクスタティックダンスの世界

1月末に行ったバリ島では天気にも恵まれず、修行だった、と以前書いたが、最終日にスペシャルな体験ができた。もうそれは感動的でこの世界の見え方を変えた。

 

夫に子どもを託し(Thanks!)、UbudParadisoという映画館兼ワークシップスペースでecstatic danceのクラスに参加した。この旅では珍しい晴天、見知らぬ町を自分のペースでゲストハウスからスタジオまで歩けるだけでウキウキ絶頂!私は冒険と自由を愛していると改めて思った。

 

ecstatic danceは音楽とともに自由に身体を動かす場で、「動く瞑想」とも言われている。昼間で、お酒はなくファシリテーションがある、ということ以外には、クラブダンサーにとっては何も目新しいことはない、「ただただ踊る」のである。

www.ecstaticdance.com

 

私は踊るのが好きで、幼い頃から踊っていた。リトミックに、幼稚園のお遊戯会、創作ダンスのコンクール、ストリートダンスのショーケース、ジャズダンスの公演‥いつもダンスに伴う活動に私は熱中していた。青春の大きなパーツである。そこには、いつも見本となる動きがあり、発表の場がゴールとされ、それはそれはプレッシャーであった。

 

今だに見る決まった悪夢がある。

ステージで息が上がって、ダンスのフリが飛んだり、テンポが遅れたりして、やばいっっ!!!胸がドキドキしてバッと目が覚めるのだ。

 

群舞の発表は誰かのためのダンスにならざるをえない。立ち位置も決まってる。和をみだしてはならない。めちゃくちゃ息があがっているのに笑顔を作ったり、角度を意識したりする。相当な踊り込みの末の陶酔か、天性のショーダンサーでない限り、それを気にして踊ることになる。そして悪夢が現実にならないよう、極度に緊張する。楽しいのだけど、自由ではない。

 

私はEcstatic Danceに惚れ込んだ。徹底的に自由に踊れる。場の力を感じた。音楽に抑揚があり、様々な感情が引き出される。Paradisoファシリテーターの音楽のセンスがすごくマッチしてよかった。私はクラブやパーティで踊るにも若干周りが気になったりして、思いっきりエモーショナルには踊れなかったのだが、ここではそれができる。誰のためでもなく、誰も評価しないから、変な動きだって構わない。疲れたら休めばいい。スペースも広く、みんな走り回ったり飛び跳ねたり、寝転んだりしている。

 

2時間は長いだろと思っていたがアッという間だった。参加者は老若男女、それぞれに動いたり、動かなかったり。彼らの感情、命の輝きを感じた。私も没頭した。慣れているダンサーなのだろう、身体と身体をべったりくっつけている人たちもいて、最初のうちはそれに驚き、警戒していたところはあった。一人で踊りたかったのだ。が、そのうちに誰かと踊ってもいい気になってきて、アイコンタクトがあったり、なかったり、つかず離れず、一緒に踊ったのも楽しかった。エネルギッシュな場だった。

 

最後にしたい人だけシャアリングのサークルがあった。ファシリテーターの方が動きでも言葉でもいい、と言うので、身体の底から湧いてくる感謝が動きになった。いつもはおしゃべりな私もその時はもう胸がいっぱいで言葉が出ず、でも体が動いた。涙を流す人もいて、私も泣いてしまった。美しかった。世界が輝いて見えて、ダンスの前と後では違う人間になったようだった。