nature and tech.

地球平和の前に家庭平和

2017年版ジェンダーと肉体、親子論

courrier.jp

「身体」は見れば男か女かわかることが多いが(両性具有の身体もあるが)「精神」は男か女か、という問いはなにによって生まれるのだろうか。何をもってして女で、何をもってして男なのか、はもちろん個人の中での納得感なのだが、この記事を読んで、それが「時代性」を含む「ジェンダー」だけではなく直感的ななにかに起因しているように思った。ここに登場する人たちが幼少期から「自分は(中味が)女だ、あるいは男だ、もしくはどちらでもある、もしくはどちらでもない」と直感している書き振りが、無意識的な何かがその定義づけをしているように思えたのだ。
 
なんで私がそのことに興味をもったかと言えば、17歳でアメリカ留学した際に最初に好きになった人がゲイだったという経験から始まり、「母親とは、女親とはなにか」にいちいち悩む現在に至る。ついに先月坊やのおっぱい(授乳)をやめ、同時にムスメさんもそれを触るのを一切やめにしたので、5年ぶりに私だけの身体になった。今や彼らが私に甘えるのは「女だから」という理由ではないのである。私を求めて泣き続ける坊やは、彼の生きる世界の中で「一番頼れる存在」として私を必要としているのであり、「女親」だからではない。
 
ただし、過去は事実である。私の肉体の一部として10ヶ月を過ごし、私の血を乳として飲んで一年以上を過ごして生きてきたのが、彼の人生のほとんどであることは無視できない。子に安心を提供してあげたいと私が強く思う限り、子が泣けばよしよしと抱く、その応酬をこれからも繰り返す。
 
「それが母親ってもんだ」今までなら話はその一言で終わっていただろう。だが今の私(と、時代)はそう簡単には言わせない。もちろん、その要素は多かれ少なかれあるのだけれど、坊やの行動は、彼がが生まれてこのかた学習した結果であり、私が毎度行動した結果なのだと言いたい。
 
子の持つ素質か、環境か。親の持つ素質か、環境か。(いつもの問題である。)
 
生まれた時から母親だけでなく、父親も、祖父母も、叔母叔父も、保育園の先生も、近所の人にも慣れさせること。母親がいなくても眠れるようにしておくこと。ポニョのリサのように、自分を「ママ」や「お母さん」と呼ばせないこと。などなど、環境作りは(その時代や文化の影響下で)親がイニシアティブをとり、関わる人全てで為すものである。
 
子どもをみんなで育てる、とか、社会で育てるという言い方がある。人類が多様性を尊重しようと言うならば、ますます「みんなで育てる社会」の実現のために創意工夫していく必要があると思う。時間だけは万人に平等に与えられているが、自分や家族のもつ身体的、精神的、経済的特徴はあまりに違う。しかも今は良くても、いつそうじゃなくなるかはわからない。子を生かすために、母親だけでどうにかしよう、家族だけでどうにかしよう、という風に考えなくてよい。(もちろん、そうしたければすればよいが)
 
乳児用のミルクが一般的となり、生物学的に赤子が成長できる環境は整った。おかげで父親が赤子の保育の主たる当事者になれる。ゼロ歳児を保育園に預けることもできる。不妊に悩む人や、ゲイカップルにも、代理出産や養子縁組ができる。2017年に家族のかたちが様々であることが意味するのは、「大人が自分の生きたい人生を生きる」ということだと思う。
 
一方、子どもは、一番頼りにしている親に「準ずる」ことでしか生きられない。虐待をしてしまう親がいて、その子の里親となって生きる親がいるのだ。(虐待され、里親もいない子もいることも事実だ。)決して虐待を擁護するつもりはないし、”子は親を選んで生まれてくる”なんて言われるとなぜ虐待死をさせてしまうような親の元にその子が生まれて来たのかいつもわからないのだけれど、「どんな子にとっても親は重荷」だということだけは、子が「親ありきの環境ありきの人となる」という意味で納得である。
 
発達心理学という”一説”によると母子分離という考え方があるが、それさえも2017年の現在においては支持するかしないかは個人の自由なのだ。ただ私は上記の時代観を持ちつつも、誰しもが胎児だったという肉体的な事実は、赤ちゃんというふにゃふにゃの生き物にとって、また十月同じ身体で生きた母親にとって、一大事で間違いないと思う。
 
人類の集合的無意識のような何かという意味合いでの「母の記憶」は「母性」となってDNAに刻まれ、女にも男にも引き継がれている。どんな人にも生物学的な母親がいるのだ。「女の身体的な記憶」は、女の身体を媒体として今生で発動する。産後はちょっとの物音でも目が覚め、赤子の父親さえも警戒する。本能。そう考えれば、トランスジェンダーインターセックスの人たちが「身体的に障害をもっている」というのもわかる。
 
何より、個人差はある。人の違いは「限りなくグラデーション」なのにつねに「分別」をつけたがる。たくましい女、女々しい男、中身は女で身体は男、男を好きになる男‥それは差別や対立するためでなく、個人が自分が何者なのかを整理するためであり、自分で自分の選択をして、自分の人生を生きるためなのだ。

いい母親をやめて本性で生きることにした

いい母親であろうとがんばりすぎてた、ということに気づいた。

 

6月下旬の週末、いきなり左の肩と首に激痛が走り、2日ほど休んで日常生活は送れるようになったものの、ずっと痛みを引きずったままだった。そもそも3ヶ月ほど前から左の足の小指がずっと変だった。それをかばうように生活しながら、10kg20kgをおんぶに抱っこで、ついに絶不調。所々の10円ハゲならぬ10アトピーも再発。精神面もひきづられ、夫とうまく会話できず、苦しい。

 

20年来の友人でキネシオロジストの朋美に話を聞いてもらう。声が出て、気持ちが出て、涙が出る。身体が不調で、休みたい、休ませて、母親業も本当はなにもしたくない、とやっと言えた。

まずは自分を大事にしてください、と言われる。ムスメさんにも自分と同じように我慢してがんばるのを望む?と。

「身体の不調があるってことは、今までのやり方じゃあ、もうだめってことだから、なにか違うやり方を試してみる時だよ」

 

坊やが1歳を過ぎ、意思がはっきりしてきて、私を独り占めしたがるようになり、すこし離れると泣く、離れないように足を羽交い締めにするようになった。思いが叶わないと激しく抵抗する。その時の力がムスメさんの赤子時代と比較すると圧倒的に強い一歳男児。諦めないで抵抗しつづける粘り強さ。夫は「こういう時はママじゃないと余計に嫌われる」とお手上げ。

 

そう、子が成長しているのに家族が変化についていけていない。今までのやり方ではもうダメだと改めて気づく。苦しい時は変化の時。只今成長中。何かを変える時。

 

まず、本に頼る。本をまともに読むのも久しぶりだ。本など、メディア作品にはホント、タイミングがある。網縁(もうえん)とはまさにこのこと。

三浦朱門曽野綾子という作家同士の親が息子にとっては重荷だったという三浦に対して)曽野綾子重圧でも仕方がない、というのが、私の考え。だって、変えようがないでしょう。それには、私は同情しなかった。みんな、それぞれ重荷を負っているということです。(中略)生きているというのは、重荷があるということですから。

夫婦のルール

夫婦のルール

 

 

最近、漫画の終了に際し、露出が増えている西原理恵子さんを描いた映画『毎日かあさん』も見たのだが、”重荷”がなんたるか、映像化されていた。(きょんきょんと永瀬雅敏の共演もいいよ、特にひっぱたくシーン)また、西原理恵子さんが「本性で生きている」って感じがした。

毎日かあさん

毎日かあさん

 

 

どんな親だろうが、子にとっては重荷である。そう言われれば納得がいく。

家族の業、と私は理解している。

私は自分が親として子に影響することをそれなりに恐れている。これをしたら可哀想かな、トラウマになりはしないかな、その一心で、自分の気持ちを我慢して、子の要求に応えることが度々ある。 

もう自分の影響を恐れたってしょうがない。子はそうなるしかない。どんな親だろうが重荷であることは変わりない。親と子は絶対的な関係であり、家族劇場は役者も観客も家族で構成されている。親の行為が過干渉になるか、ネグレクトになるか、その程度に個人の感覚以外の物差しはなく、それで子が未来にどうなるかは誰も知り得ない。

 

たしかに、私の経験では、いい母親になろうとしてここ3ヶ月くらいは、穏やかな日々が送れていたのだった。”まだ小さいんだから甘えるのは当然(甘えさせてあげるのが良い親)”というスタンスでいれば、いちいち5歳児が「トイレ連れてって」「お尻ふいて」「きがえさせて」「抱っこじゃなきゃ食べない」「立って抱っこして」と言ったところで、”まだ”5歳、と思っていれば、私がどうしたいかに関係なく、イライラを回避できたから。

ムスメさんも安定していた。ムスメさんの話をよく聞いて、穏やかに過ごせる、という意味では成功した。でもそれは自分に「耐える」ための麻酔を打って暮らしているようなもので、実際、私はどうしたいのか、については蓋をしていたのだった。

 

思うところがあり、学び始めたNVC(ノンバイオレーションコミュニケーション)の本でも、私は無意識的にジェンダーに縛られていることに気づいた。

とりわけ女性は、自分が必要としていることを表現すると批判されやすい。何世紀ものあいだ、愛情深い女性のイメージは、自分が必要としていることを押し殺して人の世話を優先する自己犠牲的なイメージと重ねられてきた。女性は、自分以外の人の世話をするのが最高の務めという社会的教育を受けてきているので、多くの場合、自分が必要としていることを無視するように学んでしまっている。 

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法

 

 

曽野綾子はこうも言う

親はいい親になろうとする。それはね、親に自分の人生がないからですよ。自分の人生を生きたらいいんですよ、親が。 

 

真っ白なキャンバスのような子どもは、親との関係をはじめとして世界を学び、一人の人となっていく。子は、親の人としての学びの延長線上に生きる。そしてその”ハンディ”を活かしたり、抗(あらが)ったりして、親の見えぬところに飛び立っていくのだろう。 

私は自分の本当のニーズをおざなりにせず、本性で生きることにした。

まず、計画としては今月21日に坊やの授乳を辞める。そのためにカレンダーに毎日アンパンマンを描いてカウントダウンしてる。ムスメさんが触るのも終わり。おっぱいなくしても、女親にしかできないことがあるのだろうか?なければ良いような、そんなはずがないような。これについてはまた話そう。

そして、私自身の大きな変化としては、髪型と、母親業をしない一人の朝を始めたことだ。おかげで先週から大きく流れが変わった。OSバージョンアップ。新しいフェーズが始まりました。

 

f:id:mindlogchihiro:20170716141943j:plain

 

暑い日の子どもの仕事 「冷凍庫の整理」

梅雨入りながら今日は晴れて暑かった。

ムスメさんと朝バス停に向かおうとすると、「ようちえん休みたい」とのこと。昨日はこども園の役員会で私も1日園に行っていたこともあり、今週十分ようちえん頑張ったよね~という感じで、休むことに。

 

実は最近、ムスメさんが家にいながらにして、結構私に仕事をさせてくれるようになっている。

相変わらず「ママとあそびたい~~」は1日何度もあるのだが、「これこれこうで仕事が終わったら遊ぼうね」と言うと、不服そうながらも、自分で別の遊びを見つけられるようになった。「ママに仕事をさせてあげている」というのが正しい表現かもしれない。

5年の成長と付き合いで、私が仕事熱心なやつだということをよく理解してくれているようだ。このブログでも散々書いてきた「仕事したいけど分断されるストレス、子と一緒に仕事したいけどその気にさせられない」という悩みも、徐々に癒されつつある。私も区切りがついたら1日のどこかで遊ぶようにしている。遊べる環境であることは以前にも書いた通り。

f:id:mindlogchihiro:20170609112113j:plain f:id:mindlogchihiro:20170609142354j:plain

そんな変化もあり、「今日も良い1日にしよう」と始めた朝、夫と交代で坊やとムスメさんの相手をしながら、畑仕事。夫は葉物についたアオムシをピンセットでつまんだり、私は草と大根をとって洗ったり。梅の状態を見たり。ムスメさんはダンゴムシを集めたり、坊やをおんぶする遊びをしながら、暑い~~!!アイスクリーム食べたい!となる。

 

そこで、アイス的なものを求めるムスメさんに、冷凍庫の中になにがあるか見てみよう、と提案。私は坊やに授乳をしながら、実働隊はムスメさん。冷凍庫の中のものをひとつひとつ出しながら、わかるものとよくわからんものに分けてくれた。おかげで在庫の再認識と整理ができたし、庫内の清掃もできた。

出てきたものと、使い道をご紹介。

f:id:mindlogchihiro:20170609094513j:plain

<再度冷凍庫に戻したもの>

  • 水(園でもらった『とよすい』地震の時の水~とムスメさんよく覚えてた。)
  • うどん
  • アジ
  • イワシ
  • 鹿肉
  • よもぎペースト
  • 無糖いちごジャム
  • かき氷の氷
  • 梅シロップ?を水で割って凍らせたシャーベット
  • 保冷剤やアイスノン

<解凍して犬にあげたもの>

  • 出汁
  • ご飯(坊やの離乳食)

<解凍して人間が食べたもの>

  • もも果肉プレーンとシロップ漬 
  • そら豆
  • あさり

ムスメさんはこの仕事のおかげで冷たいピーチシェイクを飲めて満足していました。暑い日の子どもの仕事に丁度良い。

 

mindlogchihiro.hatenablog.com

前回に引き続きフードロスの問題への対策の一つなのだが、冷蔵庫の在庫を定期的に棚卸しする、というのは地味だけど結構効き目がある気がする。日本のフードロス(=食品ロス、642万トン/年)のうち実に約1/2312万トン)が、家庭から排出されている、というのだから、まさに世界平和の前に家庭平和、家庭でできるアプローチだ。

 

実は今年、地元田原市のゴミ対策推進協議会の市民代表の委員をしている。ゴミ問題に関心があるので立候補して採用された。

そこで知ったことの一つが「30.10(さんまる・いちまる)運動」。宴会の席で食べ残しが多いことから(ほんと多いよね)最初の30分と最後の10分は席について出たものを食べよう、というもの。私が良いと思ったのは、それにちなんで、長野県松本市では「毎月30日は冷蔵庫クリーンアップデイ」として各家庭で冷蔵庫の整理を推奨していること。

残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動 松本市ホームページ

  

冷蔵庫の在庫確認と活用は、ものが溢れる現代人がやってしかるべきタスクだけれど、緊急度が低く、後回しにされがちでは?子どものズル休みを利用して、一緒にできるなら、最高のタイミング。特に暑い日は。

そしてなんでも捨てるのではなく、「案外食えるかも」という発想で、家族の食べたいものを作る。生活のことで家族で一緒に仕事をする、学ぶ、というだけでやってよかったと思えると思う。