nature and tech.

地球平和の前に家庭平和

エッセイ20180122

病み上がりの夫、また園を休むことにした(家にいたい)ムスメさん、坊やはイヤイヤ夜泣きからの今日。11時からは楽しみにしていた丹羽順子さんNVCnon violent communication 非暴力コミュニケーション)のオンライン講座。

 

園を休んでも私の学びの時間について理解して振舞ってくれたムスメさんに感謝。講座の頭にKOKOさんが大事にされているという「ハートコヒーランス」を共にする。

 

5年前まではIT企業勤めしていたものの、オンラインの講座が私は初めて。田舎で子育て中の身にはありがたさがすごい!講座に参加されている方々もみなさん子育て中で日本全国、中には欧州から朝の3時に参加しているという方も。(お子さんが1歳なのでこの時間が実は都合がよいらしい、すごい!)

 

そしてオンラインという身体性を伴わない交流なのだけど、深いところで語り合いつながりを感じることができたのには驚きました。(zoomというアプリを使って参加者全員の顔を見ながらやります)

 

ハートコヒーランスも初めてでした。心臓に手を当ててリラックス。頭で考えるのではなく、このビートの動きを感じる。いのちの呼吸を感じる。kokoさんのナビーゲーションをフォローしheart appreciation 「思い出すだけで笑顔になってしまうようなことを思い浮かべてください」真っ先に坊ややムスメさんのおどけた姿が浮かんでくる。NVCを学びたいと思ったのも、子どもと家族と平和に過ごしたいから。子どもが大事で愛おしいのに、自分のやりたいことを妨げる存在として疎ましく思うのが嫌だから。大事で、愛おしい、その気持ちでいっぱいになりたいのに。

冒頭から泣けました。

 

”Daring Im here for you

ここにいることが最大のpresent

全身全霊であなたのいのちを祝福しています”

 

ティクナットハンの言葉を引用してkokoさんが大事にしていることをシェアしてくれた。私にはまだこれが概念でしかない。

 

これから毎週月曜にこの講座が全6回であるんだけど、今週1週間の宿題としてkokoさんから平和体質をつくるプラクティスをなにかしよう、との提案が。私は書くとスッキリするので、書きたい。でも頭で考えすぎてしまう自分への懸念もある。ハートコヒーランスでは頭で考えるのをやめて、鼓動を感じる。ハートコヒーランスをしてみて、やる前と後で自分に違いがあり、それが心地よかったので、ハートコヒーランスをして、その後書く、ということにしました。

 

書く=私の場合は発表したい、という思いも結びついてる。今年のテーマになっていきそうな、社会との繋がり、発信、場づくり、ファシリテーション。夫のパートナー、高崎家の嫁、2人の子の親という私のお役目にプラスして。内容は「家族平和の前に自分平和」。

 

なぜ世の中に戦争や殺し合いがあるのか、という疑問に対しアクションしたいんだと思う。まずは自分で平和を体験しないと、という順番。

 

その時、私は自分の体験や悩みを開けっぴろげにすることを恐れない。自分平和がまずできない!と、もがく現状を。むしろそれを表現するのが癒しになる体質。ただの目立ちたがり屋と思われるかもしれないけど、人前でそういう話ができない、書けない、という声も聞き、もしかしてこれが私のお役目なのではないか、と最近思い出した。

家族の業は個を紐解くガイド

たとえば、養子縁組した家族では、血縁といっても血の繋がりはない。でも家族になった。子ができない夫婦の元へ、言葉は悪いが親に捨てられた子がやってくる、その時点で子は”二筋の”家族の業を背負う。そもそも夫婦は他人同士、血が繋がったものでもない。そう考えると、同じ家で一緒に体験する毎日が人を家族にする。家族という関係にある人だから、健康じゃないと心配するし、将来のことなど気にかける。

 

「家族なんだから」それは温かでもあり、苦しくもあり、この世でなによりも重たい言葉ではなかろうか。人間が体験しうる修羅場はまず家族にある。変に気を使わないからこそ、喧嘩してしまう。当たってしまう。それを拗らせて離婚など家族を分散、問題を小規模化する人も多い。子どもは家族だけど、夫はこの先家族じゃないですよ、と。そうは言いつつ養育費はもらったりする。子を養うことも、家族の借金の肩代わりも、葬儀屋の手配も結局は家族の役回りだ。

 

家族とはいえ個人の集まりなんだから、あの人はあの人、という個人主義的な視点で家族を扱うことは、家族メンバーへの無関心なのだろうか?経済的にも精神的にも自立した大人同士が、法律上は婚姻関係になくとも、家族になることを選ぶ、ということもイマドキあるだろう。実際、高校時代にアメリカの留学先でお世話になったホストファミリーはそうだったし、尊敬できるカップルだった。先日講演を聞いた松居和さんによると現代のアメリカでは家族が危機に瀕しているらしい。アメリカのティーネイジャーの話題によくあるのが、「次のお父さんとお母さんの話」だそうだ。個人主義の理想的な家族を描いたのが、「みなさん、さようなら。」なのかもしれない。

 

ECDの『他人の始まり、因果の終わり』では末の弟が自殺した時、二番目の弟は電話にも出なかったと書いてある。それに対しECDは、二番目の弟なりの生き残り作戦なんだと解釈している。ECDは自殺した弟の血を拭きながら、全く関わらない二番目の弟を自分とは違う個性として認め、ひどく怒ったり、悲しんだりしない。そもそも静かに絶縁している。

かつては二番目の弟と、死んだ母、最後まで残された父との四人は六畳一間で暮らしており、その時代の石田家は「カエルの卵のようにゼリーで繋がり自他が未分化だった」のに。それが、高校を辞めて働くと決めてから、ECDは個になったと分析している。その後、母が精神的に病み、末の弟が産まれ、さらに母の失踪、赤子を連れての別居、そして病死と続き、「他人様」と自称する後妻を迎えたことで家族がバラバラになる。

他人の始まり 因果の終わり

他人の始まり 因果の終わり

 

 

人のことをよく知らずに人を「個として認める」ことはできるのだろうか。人はみな違う。ではその違いはどこから来たのか。素質(先天的)と今までの経験(後天的)が人をつくる。よく歳をとると頑固になる、というが、それは老人たちの今までの経験の結果であり、その中には自分なりの常識や言動のパターンがあるからだろう。若い人でも、少ないなりの経験から、当たり前を無意識的に作り出している。

人と知り合い、たとえば夫婦として暮らすにも、その違いに愕然とすることがあるのはお互いの素質と経験の現れ。例えば夫がお菓子の袋をすぐに捨てない、とか些細なことでも、夫の親と一緒に生活してみると、なぜ夫がそうなったか説明できる。

興味深いことにそれが夫の兄弟みんなそうか、といえばそうじゃなかったりする。親がAだから自然と子もAとなる。親がAだから補完的に子がBになる。親がAだから子が反発してXになる。いや、もともと子はAという性格なのだ。など。

個を認めるとは、各自の視点で個性が説明可能な状態ではないだろうか。(それに愛を感じるか、嫌悪を感じるか、その先どうするか、が問題なのだが)

 

ECDの末の弟の自殺については、妻の植本一子の視点からも『家族最後の日』に書かれている。植本は感情の起伏が激しい性格だが、夫であるECDは動じず、「機嫌がない」。彼に機嫌がないのは、押しの強い父親から身を守るために、自分を殺し、流れ作業のように全てを許してきたからではないのか、と植本は説明している。

家族最後の日

家族最後の日

 

 

他人の生い立ちや家族との関係を知ることは、まるで病名を知るようなものだな、と最近考える。

 

私は勤めていた時に部下がパニック障害を発症し、仕事を辞めたことがあった。学んだのは、病名をつけることはその人の言動を理解するガイドになる、ということ。この病気にはこういうパターンがあります、と情報提供してくれる。朝起きられない、連絡もできない、症状の一例としてそんな時もあると知っていれば、こちらの当たり前を前提とせずに、彼女の行動を責めずに、じゃあどうすればいいか考えられたのに。鬱も、発達障害も、あえて病名をつけなくても、という考えもあるが、周りの人は病名があったほうが気が楽になると個人的には思う。

forbesjapan.com

 

自分の生い立ち、親の人となり、親との関わり、兄弟関係、生活環境、時代、生きてきた時間。あくまでも当人の目線で聞く生い立ち=その人が背負う家族の業について言語化することは、まるで病状の説明のように、その人を紐解くガイドになる。

一緒に暮らしていて、なんでそんな風に思うの?と疑問に思ったり悲しくなったりする時、ガイドを頼りに相手の行動や思考のパターンを想像できると、少し楽になる。

 

親を、兄弟を、配偶者を、子を、個として認めるとしても、まず彼らの性格と経験を知る必要がある。そうなると、結局家族との関係に戻ってくる。性格は遺伝もあるだろうし、それに周りの人間がどう対応してきたかの経験も、その人をつくる。

性格は遺伝で決まるって本当ですか?日本心理学会

 

そういう意味では、ECDと植本のように自分の子どもに早いうちから家族以外の大人と関わりをもってもらうのは(植本いわく核家族に代わる”拡大家族”)、子どもにとっても良いことに感じる。それは子どもの人生にとって持てるカードの種類が増えることで、中にはジョーカーのように何に化けるかわからない因子にもなる。

 

これ系を考えるときに絶対頭に浮かぶ子宮委員長はるも、そういう文脈で子どもを手放したのだろう。

 

そして、もう1人思い出さずにはいられない、大阪二児置き去り殺人事件の母、下村早苗については、その逆だ。誰かに頼ることを知らない家庭に育った。だから、子ども2人は今までの人生で早苗以外には誰も知らない、そういう状態。『誰も知らない』にはそういう意味もあったのかと愕然とする。下村早苗は家族の業を次世代に“引き継がないことに成功”したが、それはあまりに酷いやり方だった。

ルポ 虐待: 大阪二児置き去り死事件 (ちくま新書)

ルポ 虐待: 大阪二児置き去り死事件 (ちくま新書)

 
誰も知らない

誰も知らない

 

 

家族の業を言語化するのは、自分の家族を作るにあたって、ある意味必要な行為のように思う。家族の業を語るのは辛い。別に公開する必要もない。歴史上の重要人物なら勝手に誰かが言語化するが、家族の業は万人が背負うものである以上、万人がそれを語れる。植本しかり、そういうドキュメンタリーの数々が、誰もがそれを語ってよいのだ、語ると前に進める、ということを教えてくれる。タブーに挑む勇気をもらえる時代。

 

同時に、業、というと苦しいイメージを持ってしまうのだけれど、母親が背中を撫でてくれて楽になったとか、親に泣きついたとか、そういう温かいイメージの経験も数々含まれている。植本の最新刊『降伏の記録』では、その記述が所々にあったのが印象的だった。

降伏の記録

降伏の記録

 

 

私も母になり、経験したことのない不自由さに、つい、子どもたちが私にすり寄ってくることを嘆いてばかりいたが、可愛いが勝手に口から出てしまうことや、笑顔を見てこちらも笑顔になる瞬間の幸福感にも、もっとスポットライトを当ててあげようと思い直した。

 

mindlogchihiro.hatenablog.com

 

 

 

 

 

地引網で残った小魚400kg超を「魚醤」にしている話

今年の7月はじめ、ネイティブの夫は小学生の時から毎年地引網をやっていたそうですが、私はここ浜田海岸で初めて地引網を体験した。

f:id:mindlogchihiro:20170716094656j:plain

もともと漁村だったこの地区も今は週末の観光漁業だけが残されている。普段は農家のおじさんたちがこの日は漁師に。丸太の下駄をいくつも運び並べ、船を男たちが押し海へ漕ぎ出す。腰より高い波に体をぶつけて船に乗り込む姿が勇ましかった。炎天下、浜にトラクターを走らせて楽しそうなおじさんたちに、村の新たな一面を見た。

表浜(おもてはま・渥美半島の太平洋側)の中でも、浜田の網はかなり大きいらしく、漁獲量が多いと聞く。日本昔ばなしにもある通り、このあたりは昔から海の恵みが豊富なのだ。

nihon.syoukoukai.com

この夏は朝早起きして海に入ったり、一人で散歩することも、家族でデイキャンプすることも多く、海との関係が変わってきている。漁師のおじさんに声をかけると「あんた海でゴミひろっとったら(でしょ)」とか「泳いでたら!」と言われ、そういう海に関わる人との関係も含めて。田原市は両側を海に囲まれているけれど、移住者の私からすると意外にも地元の若者で海に遊びにいく人は多くはないのだが、一方で毎朝海をチェックしにくる、という習慣のあるおじさんはも一定数いるのも事実。(不思議とおばさんはほとんどいない。やはり狩猟は男のサガか。)

 

さて、いざ網が上がると、大漁大漁!!カマス、アジ、イワシ、サバ、ちいさいタイやサメ。

f:id:mindlogchihiro:20171114141340j:plain

この5年間、”農耕狩猟採取民族”であるお義父さんのおかげで私もだいぶ魚の顔と名前が一致するように。また、その調理法なども、東京暮らしでは身につかなかっただろう知識がついたのも、義親と毎日夕食を共にしているからだろう。ちなみに小魚は丸ごとオイル煮か、片栗粉で唐揚げなどして、我が家ではいただいている(内臓そのままでも)。とはいえ、冷凍保管できる量には限界があるし、冷凍ってそのうち質が悪くなる。そこで、10cmにもならないような小魚たちで「魚醤(ぎょしょう)」を仕込もうと考えていた。タイ料理やベトナム料理などでおなじみの調味料「ナンプラー」だ。我が家では市販のものを買っていて、炒め物など、うま味調味料として活躍している。

今回の地引網でも参加した200人ほどがほしいだけの魚を各家庭に持ち帰っても、まだ山のように小魚が残る。網にかかった魚たちは泳ぐ力がもうないため、人間が海へ流しても、また岸へ打ち戻される運命。鳥が食べても食べきれない。

f:id:mindlogchihiro:20170716104757j:plain

ブルーシートの上で力がなくなった小魚の山を前に、夫が「全部持って帰ろう!」と言い出す。当初は20リッターのバケツ一杯分は魚醤にしようか~という予定だったのであまりに「全部」は想定外だったが、結局うちから大きな樽を3つずつジムニーに積んで3往復。夫はこの海で網元をやっていたというご先祖が憑依したかのように夢中になっていた。

 

急遽発足したフードロスプロジェクトに手を貸してくれる人も出てきて、もうやり切るしかないと私も覚悟。地引網がひと段落したらホームセンターに走り、あるだけの漬物樽と重石と粗塩を購入。結局夕方から夜にかけ、友人家族に手伝ってもらい、魚を洗い、水を切り、20パーセントの塩で漬け、結果、400kg超を樽にして14個。uecologyの前で保管している。美容室の前で魚を発酵させているとは!でも臭くない。

f:id:mindlogchihiro:20170717094003j:plain

参考にした『発酵の技法』によると、 

魚醤はすべての調味料の母

2000年前には古代ローマで最も好まれていた調味料だった。

らしい。

魚醤は基本的には液化した魚であり、魚の細胞は、科学の専門書に自己分解や加水分解として記述される酵素の消化作用によって、固体から液体へと変化する。

(中略)小型の海水魚や軟体動物、あるいは甲殻類をはらわた(内臓)ごと使う。「魚の淡白質加水分解を行う酵素は、主に内臓に存在する」とKeith Steinkrausは報告している。『Journal of Agricultural and Food Chemistry』でタイの魚醤ナンプラーの製造を調査していた研究者のチームによれば、魚は塩をする前に24時間から48時間、室温に放置される。「これによって実際に発酵プロセスが始まる」。

次に、塩を加えてよくかき混ぜ、均一に行き渡らせる。十分に塩をすることは、魚を急速な腐敗や、C.botulinumを含む危険なバクテリアの増殖から保護するために重要だ。大部分の現在のスタイルの魚醤には、(重量比で)25%以上の割合で塩が含まれる(中略)『 International Handbook of Foodborne Pathogens』では、室温で「水溶液フェーズ」にある魚のボツリヌス中毒のリスクは10%の塩で十分に防止できるとされている。 

発酵の技法 ―世界の発酵食品と発酵文化の探求 (Make:Japan Books)

発酵の技法 ―世界の発酵食品と発酵文化の探求 (Make:Japan Books)

 

この村にある長仙寺の中には高崎のご先祖の名が刻まれた「魚鱗塔」もある。魚の供養のために昔の村人たちが建てたものだ。数年前に発見したが、蔦に飲み込まれ、今にも忘れられそうな存在を、夫はなにかと気にしていた。魚醤を仕込んでから初めて、10月末に、蔦をはらい、仏僧の友人に一緒に来てもらい、手を合わせることができた。

f:id:mindlogchihiro:20171027144123j:plain

f:id:mindlogchihiro:20171027144327j:plain

f:id:mindlogchihiro:20171027144201j:plain

一度関わった命は最後まで面倒を見る。拾ったキジも、一度飼うと言った犬も、同じこと。(って桃太郎みたい)一度関わったいのちを放るのができないここ最近。人間が手を出したことによって、この世界のいのちのバランスが少しづつ変わる。別にそれでも人間よりよっぽど多い菌や他の生命体が利用して、結果宇宙はまたバランスがとれるようになっているのか、人間はあがくべきなのか、それはわからない。uecologyも同じなのだが、人間がどこまで行為すべきかという命題がまたここにも。

 

地引網の企画者でもある近所のMちゃんと夏以降、魚醤をかき混ぜたり、塩を足したり、様子を見てきたのだが、週末についに味見。旨味がすごい!お湯とパクチーいれるだけでよし。状態としてはまだ全てが液化しているわけではないのでもう少しこのままにしておく。

 

つづく‥

 

 

( 写真:浜田海岸 地引網 高崎俊喜/壽命殿 長仙寺 魚鱗塔 本保 慶