nature and tech.

地球平和の前に家庭平和の前に自分平和

夏休みの宿題の意図

作文もまともに書いたことのない一年生に読書感想文、原稿用紙一枚半。個別懇談会で夏休みの宿題の説明はあったけれど、「出題意図」の共有まで踏み込まれてはいなかったし、私はあくまで「子どもの」宿題だと思ったまま夏休みを迎えた。そして出校日を翌日に控え、近所の先輩保護者たちとも宿題談義をするうちに「学校に通っているのは子だけど、これは”親の宿題”なんだ」という自覚をやっと持ったところである。

 

学習指導要領にもそう書いてあるのであろうか?「学校は”保護者に”宿題をやらせることにより、学習行動を習慣化する云々」など。だからといってのび太のママのように「宿題やったの?!(ヒステリー)」でしか関わらない親にはなりたくない。

 

提出期限まで1週間を切り、学童を休ませ、読書感想文の日を作った。合計2日。本人の体調が最高でなかったこともある。

 

くだんの読書感想文である。まずは本を読まなければ始まらない。ムスメさんは同じ学年の女の子に人気の「ルルとララ」シリーズを借りてきて、課題図書に設定したが、文字数がまあまああるし、とにかく「それがいいの」と言う割には本を開こうとさえしない。しょうがないので(1)一行づつ交互に読む(2)1ページづつ交互に読む、を提案し、読書の時間を作るも、最初の4ページくらいは楽しく読めるが、すぐに飽きてしまうの繰り返し。やっと29ページまで行ったが進まない。

 

私自身は先が気になって最後まで1人で読んだが、スイートポテトのレシピなども満載で、最後のメッセージも良かった。それを伝えてもムスメさんは一向に読む気なし。

 

こっちは本気でやっているのに、子どもがダラダラと集中しない、というすれ違いがあるとき、私はいつも怒れる。私は魂を込めて今この話をしているというのに!(共感したい)他にしたいことが山もりある中、この時間を作っているというのに!(共感されず、もはや関心を失いかけている)ムスメさんの言い分は「やりたくない」「興味ない」「気分じゃない」である。休憩をはさんだり、興味を持ってもらえるように促す工夫もするけど、すぐネタ切れ。そうなれば「じゃあやめよう」である。興味ないことをやってもしょうがない。そもそもこの宿題の必要性を理解していないし、学校に言われたことをすべて遵守してオールAも狙っていない。脅し文句でもなんでもなく「じゃあ宿題なんてださなくていい」と私は本当に考えている。

 

でもそう言うとムスメさんは泣いてしまう。ああもうやだ‥。宿題にこんな気持ちにさせられるなんて。宿題なしという学校がこの日本にもぞくぞくと出始めているというのに。公立小学校でもついに!取手市永山小学校PTAブログ

 

 

ムスメさんに話を聞けば「やりたくない」という割には「宿題を出さなければ!」という気持ちがあるようだ。話を聞くと「周りの子は出しているのに自分は出さないわけにはいかない」という気持ちと、「先生に良く評価されたい」という気持ちが根強いことに気づく。ムスメさんは「クラスという集団に受け入れられる」ために宿題という成果物を提出したいのだと気づいた。それが宿題である必要性はないのだが、受け入れられたい気持ちはわかる。素直な子だ。私は自分自身が評価に敏感になりすぎて疲弊してきた経緯があるので、つい警戒してしまう。

 

母娘で煮詰まったところで、ムスメさんは夫と話すうちに、いつも読んでいる『ファンファンおもちゃランド』を課題図書にするように気が変わったらしい。私も前々から「(ルルとララでなくて)他の本でもいいんだよ」と言い続けてきたが、夫はムスメさんが「お友達が選んでいるから」ルルとララにしたという点を見抜いていたらしい。夫いわく「ムスメさんの好きなイメージ(ビジュアル)と全然合ってなかった」とのことで、私には全くない視点で助かった。たしかにルルとララはとことんラブリー、おもちゃランドは摩訶不思議ワールドで作風はすごい違いである。

 

ルルとララのスイートポテト (おはなしトントン)

ルルとララのスイートポテト (おはなしトントン)

 
ファンファンおもちゃランド

ファンファンおもちゃランド

 

 

課題図書を変え、夫が促し、30分集中といって、原稿用紙に向かうと、すらすらと感想を書き出すではありませんか?!「しゅじんこうはもんちゃんです。もんちゃんはとってもゆうかんです。なぜなら‥」原稿用紙半分弱まで自分の感想を書けたのには私も感心した。でもまたそこから集中力がなくなり続かず、私「しっかり自分の感想が自分で書けたのだから、原稿用紙半分で出せば?」娘「それじゃダメなの(泣)先生が600字以上って言ったもん」の応酬を繰り返す。

 

ラチがあかないので、ページをめくりながらここはどこが面白かった?何が好き?などと私が聞き出してメモ、それをムスメさんが原稿用紙に書き写すようにした。ムスメさんが「ママの字が汚くて読めない」と文句をつけるので、次はパソコンに打ち込み印刷したものを渡した。パソコンに打てば、書くより早くて漢字も変換してくれるからねーだっ。

 

そして‥ついに完成。母娘で達成感をやっと共感できたのは良かった。原稿用紙1枚半というのが私たち親娘にとって、高いハードルだけれど、けっして乗り越えられない高さでもなかったようだ‥やっている最中は宿題いらねー95%だったが、終えた時にはやってよかったという気持ちにはなった。

 

一年生の夏休みの宿題の目的は「親子で一緒に本に親しみ、気持ちを話し合ったり、考えを言い合う体験」もっと言うと「親子での共同制作」なのかなと感じた。まさか「学校として〇〇新聞大賞に応募するための作品集め」だったらそれは止めたほうがいい。(もしそれが学校や教員の評価に繋がるなら、そこも考え直したほうがいい)

 

親子で関わりを持つこと、学習などの体験を共にすることに意味はあると思う。夏休みくらい、そういう時間をとってほしいんです、と言われれば私は納得する。体験が大事で、過程こそに意味がある。そうであれば、アウトプットの形はなんでもいいのではないか?原稿用紙何枚でもいいし、絵があってもいいし、子ども1人ではなく、親子でということが大事なのであれば親が書く部分と子が書く部分があればよいと思う。もちろんその成果物を学校は単一のモノサシで評価することはできないことを前提にしている。

 

ただ、貧困や障害を抱えた場合など、家庭の状況によっては、子どもに親が付き合っている時間がとれないかもしれない。そこは考えないといけないだろう(学習相談ってそのため?それもわかってない)。一方、”宿題絶対信者”の親がのび太のママのようにヒステリーに「宿題やったの」としか言わなければ、子どもは苦痛に違いなく、宿題が完成していなければ二学期に学校にも行きたくなくなるだろう。

 

そもそも同じ1年生でも読み書き能力には個人差がある。支援級の子は感想文は免除であるなら、読み書きの苦手な普通級の我が子が原稿用紙半分でも自分で自分の感想を書けたのだから、それでいいではないかと私は思う。苦痛あってこその成長だという考え方は私の中にもある。”一律(平均化された)の与えられた課題”に違和感をもつ親ならば、我が子にちょうど合った分量を、学校側の”めやす”を参考にしながら決めることができる、などの柔軟性が学校にも子どもにもあったらいいのに、と私は思う。1年生の時はそうでも、2年生になればほとんど自分ひとりでできちゃう子もいるだろうし、6年生になっても大人のサポートなしでは課題の整理と進行ができない子もいるだろう。宿題に共に取り組むことが、親も子を知るよい機会であるとは思った。

 

元教員の義母ともこの話をしたが、学校側も多くの苦悩があってこの宿題を出しているに違いない。職員室では「これは親がやったぽいなぁ」などの会話が飛び交うんでしょうか?実際、他の親たちの話を聞けば、みんな「親がやってる(当然)」と言っていた。そして彼らは自分の作品をスマホにおさめた写真で見せてくれるのだ。もはや製作者の愛着さえ感じられる親によるポスター笑 そうともなれば、親の名前で宿題を出せるようにしたっていいとさえ思えてくる。この地域は子どもが少なく、運動会の後半は地域の大人の運動会になるのだが、まるでそのように。先生たちはどう思っているのか?そういう放って置かれたままの疑問について、親と学校でざっくばらんに話をするワールドカフェがあればいいのに、と思う。

 

もちろん宿題は枝葉の話であり、根本はこれからの時代に生きる子どもにどんな力をつけてほしいのか、と言う話なのだろう。

 

 

(梅仕事2019)令和元年・梅の季節終了

梅雨らしくない晴天つづきで気持ちの良い朝。ムスメさんは大好きなプールも始まりハツラツと小学校へ。

 

坊やは昨日40℃近い熱を出して苦しんだが、少し落ち着いて今眠っているところ。お腹が痛いといいつつ、梅ジュースとシロップの梅の実、梅エキスを舐めたがる、梅づくし。梅の収穫と配送もすべて終了しホッと一息ついたところでの、看病モード。

 

https://www.instagram.com/p/ByPFp-Ljrn2/

 

今年は梅の生(な)りが悪く、昨年の台風の影響か実が全くつかず、葉もまばらな木が2本あったほどだ。梅林の南側だったから、きっと塩害。海辺の竹もたくさん枯れた。が、この緑の威勢が良い6月には、梅も竹も再び伸びてきていて、生命力を見せつけてくる。そして相変わらずあたりは草ボーボー。

 

そんな風に人間による評価はあれど、それでも、恵はたくさんにいただき、感謝です。梅の木に登るのも、いろんな虫との遭遇も、梅狩りやオンラインショプ経由で関わった人との出会いや会話も、収入も、ぜんぶ、梅の木のおかげ。

https://www.instagram.com/p/By4DwucjEKU/

2019年の梅狩り、販売を終了しました。今年は生りが少なくもうおしまい。関わってくださった皆様ありがとうございました😊皆さんが歩いたところが道になりました。(写真わかるかな。) #梅仕事#ウルスコパレス #ウエコロジー

 

来てくれる人たちはみんな最初「(梅が)見えない」と言って慣れてくると「だんだん見えてきた!!」となるのが面白い。緑の中の緑にフォーカスするのって、現代人には難しい。そしてそのうちに「梅ちゃん可愛い」と言い出す。梅がコロコロ、ぷりぷりしていて、いい香りもして、可愛いく思えてくる。梅狩りはそういう自然との関わりや愛着の体感。たけのこ掘りしかり、我が家のフィールドでそういう体験ができるのは、私自身が都会育ちだったからこそ、価値あることだと思っている。梅林は田んぼに隣接しているから、子どもは必ずそっちも寄っていくしね。

 

今年の反省としては、数が少ないことを読めず、22日開催予定の梅狩りをキャンセルせざるを得なかったこと。また、土日に雨が当たった場合のリスケが難しく、青梅欲しい人はなるべく前倒しできてもらわないと熟してしまうということ。今年の青梅最終便は6/13だった。

 

また、改めて、熟した梅の配送は難しい。

夏日に箱詰めの熟梅@宅配便の車の荷台は相当過酷な環境だもんね。

一粒一粒手に取り、傷があるかなど確認して箱詰めしているので、手間もかかる。

熟梅の遠方配送については考えさせられます‥身土不二(しんどふじ)がやっぱりベスト。

とはいえ、この辺のスーパーなどでも無農薬梅売っているところを見たことがない。無農薬を遠方からでもお求めになる方々の存在には励まされています!

 

売り場の美しい梅に比べ、うちの梅の見た目は‥今年はけっこうブサイクだった笑 いや、それも全て愛している上で言ってる。

風通しを意識して剪定したつもりだけど、まだまだだな~。そばかすが出やすい。

黒星病という菌によるもので、皮だけがポツポツと変色する。皮を剥いてみると、中身は問題なく、専門書にも食味には問題なしと書かれている。

外からの菌を中に入れないよう、皮膚でバリアした!その結果だと私は思っている。

そういう果物や野菜を食べたほうが人間も強くなるような気がするけど、どうだろうか。とにかくワイルドであることは確かだ。

 

https://www.instagram.com/p/Byfa315DKsR/

 家の裏の大木については剪定さえもせぬまま20年ほどの木で、毎年たわわに実がつくが、今年は例年より少なめだったのだが、その分粒が大きいものが多かった。中粒を中心に、大小さまざまな梅がつくのも裏の大木の特徴。いつもありがとうございます。

 

加工はあまりやらず、5/22に梅エキス煮込んだが、ほんとちょびっとしかできなかった。カリカリ梅漬けは小梅が5/23、大梅が6/2に友人とできた。6/2時点では小梅はもう熟れてしまってカリカリ向けではなくなってたから、小梅でやるなら五月下旬だな。6/11idoba主催の梅ジャムワークショップは1時間ちょいでスピーディになんとかできた。アク抜きに2回茹でこぼした。

 

梅の季節、忙しいんだけど、私にはやりがいがあって、なにより気持ちの良い仕事場が好き。来年もまたよろしくお願いします。

 

 

 

ダンスによるご機嫌な影響とは?

www.thebestbrainpossible.com

 

(こちらを意訳しました by me 諸研究のリンクは元記事にあります)

プロのダンサーでも、たまの週末ダンサーでも、タンゴダンサーでもブレイクダンサーでも。踊るということは、 社会的な関わりと音楽によるポジティブなパワーと身体的なエクササイズが合わさったもので、その組み合せは脳、精神衛生に良い影響を与える。

 

実際に脳への好影響から今日ではダウン症、うつ、統合失調症などの精神疾患パーキンソン病認知症などへのダンスセラピーも増えている。

 

なぜダンスは脳に良いのか?

 

ダンスは脳と身体を関連づける

ランニングマシーンの上で走ったりするようなワークアウトでは必ずしも脳を使う必要はない。そのような、身体的な活動から脳を切り離すようなエクササイズは、血圧や脳の酸素量が上昇し、ストレスを減らし快感をもたらす神経伝達物質を放出していたとしても、頭の回転数は落ちているのだ。

 

『How to Work your Brain in your workout  (and Why It Matters)』ではこう書かれている。

 

”身体的に何かをしているのはソファに座っているよりもよっぽど良いが、エクササイズマシーンのような限られた繰り返しばかりの動きは、脳をほとんど使わずオフラインにしてしまう。同じ動きを繰り返し行うだけでは、むしろ脳の健康や心身の動き、柔軟性やコントロールの害にもなる。同じクロスワードパズルを1000回繰り返させるのとおなじように。”

 

 

楽器を演奏する時のように、ダンスには脳の柔軟性が求められる。PETイメージングを用いた研究では、運動皮質や体制感覚皮質、大脳基底核、小脳などの特定の部位がダンスを学びパフォーマンスするのに活動していることがわかった。

 

ダンスは脳の報酬系を活性化する

他の有酸素運動と同様に、ダンスは快を感じる神経伝達物質であるエンドルフィンを放出する。音楽とセットになったダンスはさらに脳内の第一報酬系を活性化する。ある研究はダンスは脳内で”歓喜ダブルプレー”を引き起こすと結論づけた。音楽が脳の報酬系を刺激しながら、ダンスは知覚と運動制御の神経回路を活性化するのだ。

 

ダンスは報酬系だけでなく、海馬をも刺激する。海馬は主に感情と記憶に関与している脳の部位だ。ダンスをすればいつでも、ウェディングや友人との良き時代にダンスした時の気持ちを思い出させてくれる。

 

ダンスは認知症のリスクを軽減させる

楽器や言語などのさまざまな新しいスキルを習得するのと同じように、ダンスを学ぶと海馬が活性化される。海馬への刺激は認知能力を低下させるのを防ぐ鍵である。ある研究は63歳から80歳の人たちにダンスの動きを教えた結果、彼らの神経可塑性(脳内の神経ネットワークが作られること)に持続的な効果が見られたという。

 

別の研究では様々な余暇の過ごし方による認知症への影響について調べた。サイクリング、ゴルフ、水泳、テニスなど11の異なる身体的な活動について調べたところ、ダンスだけが認知症のリスクを軽減させた。研究者によると、社会的な関わりと同じくらいにダンスは身体的かつ心理的な奮闘を必要とすることが、複合的刺激となり、脳に好影響を与えるという。

 

踊ることは「ソーシャルブレーン」を育てる

人間は他者と関わりあう社会的な動物である。それは脳が必要としていることでもある。ダンスは他者とつながる社会的な活動だ。誰かと踊っている時、脳はグループに属していることでリラックスする。今起きていることの共体験はミラーニューロンを活性化する。脳は「みんなでひとつ」と感じるのが好きなのだ。

 

ミラーニューロン前頭前野外皮の神経回路で潜在的に他者の行動や感情を描き出し、追随する。ミラーニューロンはひとの関わり、行動、思考プロセスにきわめて重要な役割を持っている。『Science Says:Dancing Makes You Happy』という記事によると

 

”ダンスは芸術であるとともに、素晴らしい社交の機会になり得ます。その起源から、私たちと他者をつなげる社会的活動としてダンスは行われてきました。ダンサーはインストラクターや振付師、観客とさえも、心理的なつながりを感じるでしょう。そこに言葉はいらず、シンプルに一緒にステップを踏みシンクロすることで、忘れがたい多幸的な体験を共有できます。他者と関わりを持つことで人は幸せを感じます。気のおけないひとたちと笑いあうことや、おしゃべりすることで有意義な時間をすごす時とおなじくらいのエンドルフィンが出ているのかもしれません。さらに一緒にダンスをすることはもっと深い体験にさえなりうるのです。

他者と同じ場にいながら感情を洗い出すことは、そこに居合わせた信頼関係のある者とはもちろん、初対面の者とさえも、つながりを深める唯一無二の体験です。意味深いつながりを求め続けるのが人間というものです。ダンスは私たちに他には経験しがたい、心とからだ両面での他者との関わりを可能にしてくれるのです。

 

ダンスはうつや不安を軽減する

ダンスは肉体的にも精神的にも人を解放するため、ストレス、うつ、不安を感じやすい人に最適だ。他のどんな”はけ口”よりもダンスは不安を軽減させ気分を良くする効果があるとの研究結果はいくつもある。ある研究では不安症を患う人たちに、モダンダンスのクラス、エクササイズのクラス、音楽のクラス、数学のクラスの4つのうち1つを受けてもらったところ、ダンスクラスクラスの参加者には顕著な不安の軽減が見られたという。

 

ある研究ではうつ、不安、ストレスを抱える十代に、週に二回ダンスのクラスに参加してもらったところ、彼らの心身の症状に顕著な改善がみられ、さらに彼らは自身でも幸福度が上がったと感じていると答えた。別の研究ではうつ病の人がサルサダンスに参加したところ、ネガティブな思考が軽減し、集中力が上がり、落ち着きが増したという。

 

 〜〜ここまで〜〜

 

 ”他者と同じ場にいながら感情を洗い出すこと”について言及がありますが、家族で感情的なぶつかり合いなどして、より絆が深まるってことありますよね。恥ずかしいけど、一体感が生まれるような時が。ダンスフロアーではそういうことが起こりますね。

 

以前Megumiさん主催Movement Medicineにも参加しましたが、相手を感じながら一緒に動く、という要素が結構あって、まさに上記のようなミラーニューロン報酬系の活性化が起きたのか、初対面の人なのに、すごく親しみを感じました。

 

ダンスフロアーで泣いてしまうことなど、過去のブログもよろしけば。

mindlogchihiro.hatenablog.com