nature and tech.

地球平和の前に家庭平和の前に自分平和

2019振り返り2020へ

2019年が終わり、2020年が始まって、新学期もスタート。
やっと日常を取り戻し安堵しているところ。子どもが保育園や学校にお世話になり自分の時間が持てることがありがたい。長期休みは子どものペースになり、脳みそがOffになるので、自分のこと、事業のことなど一旦忘れてしまう。というか、そうしないと、あれもこれもやりたくなって子どもとの時間が苦痛になるので、そうしている。そのせいか、暴君の3歳児とずっと一緒にいたせいか、冬やすみはイライラした。

 

2019年はムスメさん小学校入学とともに急に外交的になり、児童クラブ(子ども教室と呼ぶ)にも通い出し、子ども園時代の行きたくないいやいやからの憂慮はどこへやら。成長と新たな環境への順応の早さ、手離れに嬉しい限り。家でも学校の友人の話を楽しそうにしてくれる。学校の評価制度や宿題の多さ、生活をも管理しようとするところにはまだ保護者として戸惑いがあるが、かなり気に入っている。

 

いまだ坊やは16時半迎えの短時間保育とはいえ、時間が出来始めたこともあり、多くの変化を感じた2019年だった。改めて感じるのは私はセカセカした性質で、動きまわっているほうがポジティブでいられるということ。2019年のハイライトはなんといってもダンスとの再会だが、自分の動の性質を再確認した。じっとしている時間があると考えすぎて悩みに悩んで鬱になるから、忙しいくらいがいい。ダンスを通じて自分の中心にあれる。踊ることで余計なものを振り落とせることは一つの生きる知恵である。

 

またムスメさんが通っていた豊橋の子ども園にスタッフとして週2日勤務することになったのも大きな変化だった。園に惚れ込んでいて、この辺りでも先進的で柔軟な考え方をした大人の集まりに興味を持っていた。働き方に変化をつけたかった、夫と仕事もずっと一緒であることに行き詰まったからでもある。今時リモートで参画できる働き口もあったとは思うが、私にとっては物理的に家から離れること、身体的に動いて働くことが必要だった。今となっては通勤の車での1人の時間さえも必要だったと思う。思いっきり歌えるし、家族と離れて1人になる時間が日常的に必要なのだ。夫婦家業と並行して組織への貢献は今の所いいバランスで、同じ方向を向いている信頼感のある大人とグループでいることの安堵を感じる。自分の子ども以外の子どもとの関わりには毎回思わぬ学びがあるし、のびのび暮らす子どもたちと挨拶を繰り返すだけで元気をもらえる。

 

2019年の様々な喜びと苦悩を経て、感じるのはこの土地との繋がりのことだ。4月からムスメさん小学校入学、村のお役「十長」、10月からは氏神の「宮当番」、きわめつけは12月あたま元屋敷の「火について」の地域の人とのやりとり。地域の人の名前と顔をだいぶ覚えた。地域というのも田原市レベルではなく、六連小学校区いやむしろ浜田地区のことで、家を出た道や公民館で顔を合わせるおばあちゃんやおじさんたちとの関係である。朝6時の防災訓練に出て、ヘルメットを前後逆に被っているような、やる気だけはあるが、前も後ろも、右も左もわからない都会育ちの嫁、それが私。地域の人との対話を楽しんでもいるが、対話によって違いを感じてもいる。

ムスメさんの小学校デビューと同時に、この地域にさらされた気分。初めての学芸会でムスメさんは「さかな①」と「わかめ①」だったが(一年生8人だから2役)、劇中で『ひょっこりしょうたんじま』で踊るのである。

♪ 苦しいこともあるだろさ、悲しいこともあるだろさ。だけど僕らはくじけない、泣くのは嫌だ笑っちゃお すすめ〜!

とにかく、頑張っているムスメさんの姿を見て、自分も、と地域と関わっている。そして私は信仰心を得た。苦境にあるからでもあるが、きっとこれもタイミングで、すべてがそうなっていたのだろう。7年間、海に行き、山に入り、土に触れ、血縁(代々この地に住んできている親戚が多く、同じ姓も多い)とつながり、この身体でこの土地のことを感じているが、最近はそこに「大いなる存在」を思うようになった。私ではない大きな力によって私は今ここでこうしている、と。

9月のMovementMedicineで私は「海に呼ばれた」と感じるようになった。海とのダンスしていたんだ、と。MovementMedicineではダンスすることで地球の嘆きを感じた。
そして12月は、元屋敷プロジェクトでの「火について」のやりとりもたくさんしたし、宮当番で地元の秋葉神社の前で火を焚く仕事もあった。元屋敷は秋葉神社と隣り合わせの土地。火の気持ち良さ、火のエネルギーをこんなにも感じるようになったのは、こちらに住んでからのことで、今も薪ストーブの前でこれを書いている。私は火の神様やこの土地の神様に祈るようになった。年末のお宮当番の仕事で夫は鳥居の大しめ縄を結い、2人でこの土地でとった松竹梅で門松を立てた。


f:id:mindlogchihiro:20200116132520j:image

 

2019年あたまに行ったバリは信仰心に火をつけたように今は感じる。離れた土地にいっても、いつもの場所でどう生きるかについてばかり考えていた。バリの人々の信心深さや大いなるものへのチューニング、その態度について目の当たりにし、自分にそういう感覚がない、とその時は思ったが、年の終わりには、その感覚が「ある」と変化した一年だった。Movement Medicineに導かれ、インナーシャーマンを「それ」と認めた年だった。以前はなるまいと警戒していた”スピリチュアル”おばさんに、今は完全なっているのであろうと思うが、中身は真剣に世界と向き合うこの自分に変わりなかった。

mindlogchihiro.hatenablog.com

夫には火、道法さんは月、いつも石を持ってきてくれるお客さんは大地など、この人は何の使いなのかと宇宙の要素を探るような癖がついてしまった。そして年が明け、ムスメさんと見に行った『アナと雪の女王2』がそのような話で驚いた。ディズニーさえも、今の時代にそれに気づいてとメッセージを発してくるとは。

そして2020、ダンスのコミュニティ作りしていきたいと思ってる。デビュー2年目の地域活動も泣くのはいやだよ笑っちゃお、すすめ〜!

 

 

 

 

道法さん自然栽培剪定講座@寿梅園 2019112

www.dohostyle.com

道法さんは元JA関係の果樹の栽培指導員をされていて、当時いわゆる慣行栽培の指導を仕事でしつつ、私的に様々な野菜や果樹の栽培方法を実験する中で、肥料やホルモン剤を利用せず、植物を「縦に伸ばす」現在の農法に行き着いたそう。植物の栽培方法には(のみならず世の中のすべてに)様々な意見がある前提で道法スタイルについて、メモと感想を記しておく。(年末掃除を機に今更ですが)

基本的に「環境を変える」のではなく「植物の本質を引き出す」農法ということで、理念に賛同する。慣行栽培の指導員までして数々の実験をした結果の”技術の進歩”として道法農法があるらしい。

道法さんは話上手な調子の良いおじさんなのだが、私にはセーラームーンよろしく”月の使者”に思えたw というのも、植物は地球の遠心力、重力によって横に広がっていくが、月の引力で「縦にのびる」のが植物にとっては健康の鍵なんだと説いていたからだ。道法さんいわく「縦に伸ばすと植物は喜ぶ」んだそう。序盤から宇宙を感じさせる話で私はより一層興味を持った。

だからといって何もスピリチュアルな話ではなく、科学的な態度で植物を観察してきた経験からの話だ。基本的には、例えば梅なら①今年枝が伸びる②今年葉がつく③来年花が咲く④来年実がつく、の経過をテープを貼って観察していくとのこと。植物は芽が出て、根が出るという順番で育つ。よって道法農法ではトマトも脇芽を取らず、果樹でも剪定時に残した枝の先は原則残しておく。根は細根がより多く育つのが、健康の鍵だそうで、土壌に石は歓迎らしい。細根がホルモンをつくるとのこと。

「芽を残す」「細根を伸ばす」「縦に伸ばす」のがなぜよいのかは植物のホルモンに関係しているという。道法スタイルでは支柱に紐で縛りつけたり、ウレタンのホースで挟んだりして、植物を曲げずに、細長く縦に伸ばしていく。多くの実例を写真で見せてくれたが、見慣れぬ人には驚きの見た目ではある。

植物にとって水が1番、温度は2番目に大事だが(よってビニールは使う)風通しと日当たりは現状思い込まれているほどは重要でなく、縦に縛ることで葉や枝が重なり合うことを心配しなくてもいいらしい。(ただし同じ木の中で。違う木が触れ合うのは良くない)あらかたの植物は明るい曇りくらいの2~4万lxくらいの光量でよく、光合成より、呼吸が大事とのこと。



f:id:mindlogchihiro:20200108041806j:image

当日は浜北の無農薬梅農家の寿梅園さんでの開催で、胸を貸していただいた気分。現地の樹齢30年を超える梅の大木の枝を受講生の前でチェーンソーでバンバン落としていく道法さん。借りたチェーンソーが切れないとその場で道具をつくり目立てを始めたところが私的にはツボだったw ともかく、剪定のセオリーは今まで見聞きしてきた方法と真逆と言ってよいくらい私には新しかった。

梅の木を縦に伸ばしたいというインスピレーションがあったので、今回の道法説は納得のいく内容だった。私の中に木が時間とともに「内から外へ」伸びては朽ちていくイメージが残った。木をいつも若々しい状態に保つのが剪定の意味だと言われれば納得である。

我が家の梅林には41本梅の木があるが、お義父さんが20年前ほどに植え、木の間隔が狭い。樹形も横方向の低めになっているが、2019年12月から実験的に道法スタイルも取り入れ剪定を行った。ここから新たな枝がつき、実がつくのに2年、違いを体感できるのはいつになるだろうか。

 

https://www.instagram.com/p/B4uuj9XD5hz/

11月のことだったが、個人的な体験としては前日にミニきゅうりのたねとりをして、自然栽培の美しさを実感したところだったこと、浜松までマニュアル車でひとりで行けたこと、こんなところで元IT企業勤務のパソコンスキルが活かされたことも嬉しかった日でしたw

 

光風林と三和土(たたき)を作った(元屋敷プロジェクト)WS企画変更について。


f:id:mindlogchihiro:20191209233348j:image
(↑作業前)

12/2~4で光風林筒井さんと共に元屋敷での作業。
元屋敷奥の竹林を、ユンボの協力もあり、整地することができた。
まだワイルドな状態ではあるが、敷地の1/6くらいが、すっかり人間の開拓地となり、開かれた土地を見ると「思っていたより狭い」と感じた。


f:id:mindlogchihiro:20191209232905j:image

ユンボで竹の抜根をしつつ、出てきた土質を調べ、粘土っぽい土を採取。
谷底の粒感大きめの砂と小石のまざった砂利を同時に採取。谷底から肥料袋に入れて繰り返し担ぎあげる。f:id:mindlogchihiro:20191209233001j:image

三和土(たたき)は粘土1+砂砂利2+消石灰+にがり(塩化マグネシウム)で混ぜる。
水分はおもったより少ないが、全体に水分の重みは感じられる程度。
団子をつくってしっかり固まりはするが、圧しなければ各物質がくっつき合わないくらい。
それを釜の基礎として、石を敷いた上に積み、上から踏み、叩き固めていく。f:id:mindlogchihiro:20191209233132j:imagef:id:mindlogchihiro:20191209233939j:image

今回は消石灰生石灰に水を足し、化学反応させたものと、水分調整のため消石灰の粉も利用した。
塩化マグネシウムは凍結防止剤の塩化カルシウムで代用。

15cmくらいの高さ、奥行きは1m強の窯の基礎ができた。


f:id:mindlogchihiro:20191209232755j:image

今回の作業の結果できたこの基礎には「この場所」を大きく変えるような不思議な神聖さがあり、うっとりする。もう少しこのまま眺めているのもいいなと思った。
三和土は年月によって、変化し続けるらしい。その観察をある程度していくのもまずは必要と感じた。
土のことを知らずして、とりあえず筒井さんの予定をおさえワークショップの日程だけ決めていたので、元屋敷プロジェクトの進め方ついて改めることにした。別に何も急ぐことはないのだ。

「この場所」を興味ある方と共有できるいいところにしたい。自分が癒されるから、シェアしたい。
その気持ちは今も変わらないけれど、具体的に誰に向けて、何を作るか、そのイメージをもっと深掘りしてから、その時がきたら、作ればいい。元屋敷が好きすぎて、何かしたくて、気持ちが早っていた。

消防署に必要な届出を出し、近隣住民の方々へ説明していくと、どうやら村の人には心配されているらしい。
歓迎されていないことを強行突破しても、持続可能性はないだろう。

土がどう変化するのか、ということ、村の人がどう思うのか、ということ、リアルに感じられていなかった。そして少しだけ学んだ。土と、地域との、対話のはじまり。

鎮座する三和土の基礎、さらなる開拓のあとで感じる太陽の感じ、今回の作業前後での違いや、変わらぬ鳥の声や竹がそよぐ気持ち良さを、体感しながら、目の前のことをできるタイミングでやっていくのがいい。よって、釜を作る、貝灰を焼くのは延期。

1/25は集まれる人で集まって軽作業したり、ゆっくりしたり、各自好きなことやる時間にする。元屋敷オープンデーです。軽作業のイメージは枯れた竹を片付けたり、粘土や砂利の採取。
ホストとしては、昼ご飯をみんなで作る、きてくれた方にお茶を出すことだけをとりあえずは目指して実施する。また、子どもを招き入れるというのもテーマ。

今回筒井さんや協力者を集め連日作業したのだが、子どもを持つ親としての生活も同時進行であるゆえ、土日となるとなおさら、多くの方を2日にわたりホストするのはキツイかもとも思い、企画について再考させられた。私たちらしく、進めていく、そのやり方とペースを今一度再確認し、釜作り、貝殻焼きの次なるステップに進む。

引き続き、応援のほど、よろしくお願いします。