nature and tech.

地球平和の前に家庭平和の前に自分平和

Movement Medicine -For All Our Relations- "Resource" 

1月にバリでEcstatic Danceに出会ってから、自由ダンスを探求中。名古屋の5rythemスウェットクラスや、Movement Medicine東京のクラスに何度か参加し、5月にはひたすら2時間近く踊るダンスフロアも実験的に企画した。Movement Medicineを始めたYacovが浜松で2泊3日の合宿をやると知り、参加は心に決めてた!イベント盛りだくさんな9月、3歳と7歳の子どもたちや家族の健康を確認し、よし!と当日に申し込み、ひとり浜松の山まで車を走らせた!冒険のはじまり。

https://www.instagram.com/p/B2krtWnjfcL/

(会場は方広寺という超〜でかい禅寺)

 

いのちといのちが関わりあう時、例えば親子の日々の関わりも、かわいいペットや植物のお世話も、職場の仲間との会話も、一瞬でも同じ時はないライブだなといつも思う。即興のセッションしかないライブ。それはまるでダンスをしているようだ。相手が右に動いたら、見合って左に動くのも、一緒に右に動くのも、はたまたその場から動かずジャンプするのも、その時々のそれぞれの関係性。その時にできる相手との関わりは、頭で考える暇もなく、反射的に、ダンスのように進んでいく。

 
自分が右に動いたら、右に動くべきだ、とか、動き方を合わせて、とか、そういう風に相手を都合よく動かすことはできない。お互いにただそれぞれのダンスをすればいい。
”あなたがあなたのダンスを踊らなかったら、誰がそのダンスを踊るの?” 
私は、Movement Medeicineのセッションで私が私のダンスを踊る勇気を得た。それは自分のリソース(資源)の再確認でもある。自分が今まで経験してきたこと、大好きなこと、苦しかったこと、自分の家族やご先祖さまも、すべてのいのちとのつながりがあって、今私が私で在れる。
 
だけど、誰だって、怖い、恥ずかしい、恐れがある。その突破口として「Micro-Medio-Macro」(ミクローメディオーマクロ)のワークというのがあった。まずは目を閉じて自分の皮膚の中だけでじっくり自分自身を感じて踊る(ミクロ)。次に目をゆっくり開けていき、外の世界を感じながら踊る(メディオ)。そして、自分以外のいのちとつながって踊る(マクロ)。
 
情報が多い時代だからこそ、身体で感じる、直感に従う。「インナーシャーマン」は時に自分の身体を超えた何かとつながり、直感や洞察をどこからか呼んでくる。人間社会の言語的な世界観でも、資本主義経済的な頭でもなく、踊るように在るがままのいのちとつながる。自分自身と、他者と、虫と、木々と、地球と、宇宙と。今回のmovement medicineのツアーのタイトルが”For All our Relations”なのもうなづける。
 
Movement Medicineのセッションのひとつに、「木と踊る」時間があった。ミクロな自分から、ゆっくりとマクロな自分になって、目の前の一本の木と踊る。私はいつも海に行って踊ったり歌ったりしているのだけど、それはマクロな私だったんだ、海とのつながりだったんだと感じた。
 
「つながりに愛を」とノートに書いてある。3人組で一人が踊って、一人がそれを見守る、一人はそれを感じつつ自分について思い浮かぶことをノートに書く、というセッションがあった、その時のメモ。
 
とにかく踊って、泣いて、空っぽになり、最後には自分で自分のダンスを踊る勇気と、「風の要素」を持って帰った。(大地、水、火、風の4つの要素を踊る時間もあった)
 
帰った晩にご近所のおばあちゃんが亡くなったことを聞き、次の日から村の仕事で葬儀のお手伝い。人生で初めて蕁麻疹も出ちゃって、9月頭にアシナガバチに刺されたことさえもつながって感じられる。翌週には子どもの初めての小学校の運動会。7年乗った車が壊れる。翌々週には岐阜へ。MovemenMedeicineの合宿の前日には千葉いすみから光風林の筒井さん夫妻をお呼びして元屋敷の未来について作戦会議した(別途書く)ことを皮切りに、9月はいろいろ刺激的で初めての体験が続いた。力むのが私の悪い癖だけど、風の軽やかさに導かれ、落ち着いて在れた。
 
10月に入り、美しい秋の気配。やっと落ち着いて、何が起こっているのかを整理する気になった。またダンス必要だと感じている。書くこともそうなんだけど、ダンスも、歌うことも、話すことも、私のリソースで、好きだなって改めて感じた。近場で定期的に踊れるコミュニティ作りもしたい。きっとする。一緒に踊りましょう。
 
 
前からフォローしていたちんどん屋のおねえさん、佐藤 有美さんも別の合宿に参加したらしく、興味深いBlogでした。大地、水、火、風の4つの要素をこうやって捉えているとは。

cotoconton.com