nature and tech.

地球平和の前に家庭平和

エッセイ20180220

エッセイ20180220

 

昨夜は子どもと一緒に眠ってしまい、シロがおしっこに行きたいとふぅんふぅん鳴くので起きる。お風呂の残り湯で洗濯物を回したが、夫も私も干すことなく沈没、真夜中の洗濯干し。薪ストーブの周辺に掛けておけば一晩で乾く。しばし自分の時間、物書き。途中何度も坊やがうーんうーん言うのでその度に身構えたが、朝までギャン泣きは無かった。

 

今日は久々にムスメさんが子ども園に行くというので、6:30起床。ムスメさんは1週間以上休憩モードだったので無理やり起こすと不機嫌で眠いようだが、なんとか定時に出発。家でトイレは行ったが、バス停が近づくといつもの「お腹が痛い」。途中のコンビニでトイレを借りて、バスを待たせつつ、なんとかバスに乗せる。家に帰ると坊やはおばあちゃんのところだし、ホッと一息。深い呼吸を久々にした気がした。

 

午前中は待ちに待った梅林での作業!自然を感じながらの仕事は私にとってはご褒美のようなもの。清々しい気持ち。鉄パイプを地に打ち込んだ1日目がインフル騒動の前の116日。ビニールハウス用のビニペットを垂直に固定したのが2月頭。今日やっとそこへ暴風ネットを張っていく。美しく仕上がり、達成感。北風は酷く冷たかったけど、ネットの効果もあり、梅林の南側へ行くと温かで春うらら。花は0.5分咲きといったところ。途中お義父さんも参加して剪定、近所の親戚のおばさんがうちの坊やと同じくらいの孫を連れて通りかかり、梅林に連れていたコロと遊んだりして、和やかなムードだった。

f:id:mindlogchihiro:20180220105541j:plain

お昼はうちに戻り、坊やをおんぶして寝かせたら、チャーハン。レタス、ニンニク、買ったレンコン、もらったちっちゃいエビとシラスの乾燥したやつ。ぬか床から大根干したたくあんを出すと、味も歯ごたえも良くできていて地味だけど満足。

 

昼寝から覚めた坊やにチャーハンを食べさせ、少し片付けをしたら、子ども園へお迎え。ムスメさんはバス停に向かう時がテンションが一番低く、お迎えに行った時が一番高い。楽しそう。たくさん遊んだ子どもの顔ってまぶしい!担任の先生からも一日活動的に遊んでいたと聞き一安心。ムスメさんのリクエストにより軽く買い物をして帰る。

 

時刻は4時過ぎ。子どもの相手に疲れ果てたので、ノンタンに子守をさせ、珈琲を飲みながら方々への連絡と物書きをして少しリフレッシュ。

 

5時過ぎに母屋へ移動し、夕飯準備は今日は夫に頼む。こたつでウトウトしながら休息時々子どもの相手。お義母さんもいたから、こういう時すごく助かる。それはみんなお互い様なんだけど、育児するのに大人は多いほどいい。おかげでスッキリした。

 

夕飯は頂き物の生うどんを茹でてかけうどん、フキノトウの天ぷら、ほうれん草茹でたの。夕飯後は子どもたちの誘いを断れず、座敷で遊ぶ。いつものユニクロダウンの穴からはみ出した羽毛を飛ばしてうちわで扇ぐ遊びなど。盛り上がった。

 

食卓を片付けつつ、お義母さんが頂いたこんにゃく芋でこんにゃく作りをするというので協力。市販のこんにゃくは乾燥芋の粉末を固めているけど、生芋を摩り下ろした手作りこんにゃくは全くの別物で驚く美味しさで大好き。この家に嫁に来て初めて食べて感動したものは数々あるが、そのひとつ。最後に重曹を溶かした湯を混ぜいれて手早くかき混ぜ、熱を加え固める。

 

ウルスコパレスへ戻り、バタバタと寝る支度。坊やは風呂を上がる時も、歯磨きも、声を何度かけても動かないので、強制執行。寝る前のお楽しみ動画を強制終了したところ、坊やがまた癇癪(かんしゃく)を起こす。「ノンタンねんねしちゃったよ」など彼の耳に入らず。いつもの、謎に位置を指定して私や夫を立たせるが、すぐにまた違うと文句をつけたり、地団駄を踏んだりして、激しく泣き続ける。これ、なんかのゲーム?答えがわからなすぎる。もはや笑えてくる。そして20分くらいのドタバタをやり過ごし、抱っこしてほしい瞬間が訪れる。ママはずっとあなたを抱っこしたかったんだよ。