nature and tech.

地球平和の前に家庭平和

日記

春、5年の育休を終了します。

4月から坊やが保育園に行きだした。1歳児クラス。8時半ー16時半。新しい環境に好奇心をもって、順応していく坊やの柔軟性に夫婦共々驚いている。そして助けられてる。同時にムスメさんとの性格の違いを改めて感じる。 以前に保育園に入れる選択の背景を書い…

エッセイ20180224

エッセイ20180224 土曜日。ここ数日坊やの夜泣きがなくなり、よく眠れる。今日はこども園のお友達親子を呼んで我が家の梅林でお花見の予定。ムスメさんも布団に私を呼び寄せてくっつきながら「早くよもぎ団子つくろ!」と起きる理由を自分で見つけたようだ。…

エッセイ20180223

エッセイ20180223 朝まで静かに眠れた坊やに6時台に起こされ目覚める。すでに起きていた夫が米を炊き、味噌汁を作ってくれていた。7時過ぎにご飯、平和。定時にバス停へ、「おなかいたい」もなく、すんなりとムスメさんはこども園へ。 今日はおばあちゃんが1…

エッセイ20180221

エッセイ20180221 昨夜は寝る前に坊やが癇癪を起こしてやれやれだったが、寝付いてからは朝まで寝てくれて助かった。 今日もこども園いく気になったムスメさんも7時前には起きれて、良いペースで朝ごはん、身支度、バスにも余裕で間に合った。今日は園でお茶…

エッセイ20180219

エッセイ20180219 1時過ぎ、もぞもぞ、うーうーし出した坊や。そのままいつもの、夜泣き。私をひっぱっていって指差し、指示通りの場所に立っても、また泣く。これの繰り返し。だっこであやしてなんとか眠らせても、布団に乗るとまた泣く。乳児のここがしん…

エッセイ20180218

エッセイ20180218 夜中、坊やに毛布を掛けようとしたら目が覚めて大泣き。いつものギャン泣きと指差し要求に付き合う。「ジジ、ババがいい」と外を指差す。冬の夜1時に外に出るつもりはないが、その気持ちに共感する。「お外行きたいんだね」「ジジババがい…

エッセイ20180217

エッセイ20180217 土曜。今週ずっとインフル謹慎だったので、曜日の感覚がない。午前中はウエコロジーで夫によるヘアカット。最初はおばあちゃんのカットとヘナ。その間私と子ども2人で外で遊んで過ごす。 ムスメさんに「坊や抱っこだからこれ持ってくんない…

エッセイ20180216

エッセイ20180216 インフル謹慎期間明け、やっと坊やとムスメさんが安心して一緒に過ごせるようになる。坊やも少し鼻水で心配。さすがに母との時間が少なかったからか、甘えん坊したい様子。 坊やはムスメさんに比べると母にそこまで執着せず、目の前の興味…

エッセイ20180215

エッセイ20180215 インフル発症から4日目。熱はもう昨日には下がっているが、まだ感染力があるとされている期間なので、こども園は休み。坊やとは別々に寝た(夫、私、姉とインフル発症時には母屋でじじばばと寝て、過ごしている)けど、そろそろ一緒に遊び…

エッセイ20180214

エッセイ20180214 ムスメさんインフル3日目。夜中と起き抜けに吐き気と強い腹痛を訴え、トイレで泣いて暴れる。この時は私もかなり不安になった。 「今までで一番お腹が痛くて、苦しくて、怖くて、不安なんだね」 共感するのは彼女を安心させたいから。でも…

エッセイ20180213

エッセイ20180213 今朝受診したところ、インフルエンザA型だった。私自身2週間前にインフルエンザになって治るのに6日はかかった。風邪と同じで休んで熱でウィルスをやっつけるのが基本と知り、私や夫は受診もせずそうした。自分の身体のことならなんとなく…

エッセイ20180212

エッセイ20180212 昨晩からムスメさん発熱、昼頃には39度を超えてダルそう。ここ一番で甘えん坊になる。病気の時の心細さ、不安は、お母さんのだっこや身体をさする手で癒される経験は私にもある。だからなるべくつきっきりでいてあげたい。 話を聞くとイン…

エッセイ20180211

エッセイ20180211 昨夜作ったというメヘンディのコーンを披露してくれたムスメさん。前に友人のみおりちゃんが作ってるメヘンディコーンを見たそう。机片付けようと言いつつ、お腹痛いからとお布団に寝転んだり。まぁ日曜だから何してもいいんだ。私もインフ…

エッセイ20180210

エッセイ20180210 朝納豆のパックが薪ストーブの前に転がってゆき、指差し、自分では取ろうとしなかった坊や。「あちぃってわかったんだね」そう言ったその1時間後に村のイベントでドラム缶の芋焼き機に触って軽く火傷した。すぐに村の人たちが水場へ案内し…

エッセイ20180209

エッセイ20180209 朝一で歯医者。大清水の森歯科さん。先生も衛生士さんも優しくて丁寧。華美でなく良い。ムスメさんも安心して受診している。 治療は今日で終了。歯を赤く塗って汚れを確認する。歯のフチが赤い。朝ごはん後の歯磨きはずっとサボってた。そ…

エッセイ20180208

エッセイ20180208 園に行くことにしたムスメさん。私も早起きできて、トイレも歯磨きも済ませて、バスに乗れた。 今日はお義母さんが出かけているので、坊やと過ごす。いつもの通りノンタンに保育をお願いし、夫とタスク表の更新と直近3ヶ月の動きの確認。梅…

エッセイ20180205

エッセイ20180205 当たり前のことだが、生き方は人の数だけある。 実家最寄りの駅の眺めでそう思った。東京郊外の静かな住宅街を徒歩3分、別にお腹が空いているわけでもないのに、駅でパンとコーヒーを買う。なぜなら、ひとり身で身体があまりに軽い!いつも…

エッセイ20180131

エッセイ20180131 1月終わりだということに驚いている。インフルエンザになった。今日で5日目なのにまだ38度以上を彷徨っている。 ムスメさんは甘えたい気持ちを我慢して気丈に振る舞っており、頼もしくもあり、胸がつまる。坊やは大好きなジジババの家でず…

エッセイ20180126

ラッパーで活動家のECDさんの訃報。同じく随筆家で、写真家のパートナー植本一子さんと共に、家族について書く2人の作品のファンでした。二人は石田家のA面B面というように、同じ家族として生きていても見え方は違うことを言語化してくれていた。芸の肥やし…

エッセイ20180125

昨日は書けなかった。一昨日の分を昨日UPした。 毎日書く、という気でいると、考えたことがまとまらない途中でも、一旦切りにできるという面もある。まとまらない日記をあげることで今日も無駄に電気を費やしているような気もしてすまない。 そして今日。全…

エッセイ20180122

病み上がりの夫、また園を休むことにした(家にいたい)ムスメさん、坊やはイヤイヤ夜泣きからの今日。11時からは楽しみにしていた丹羽順子さんのNVC(non violent communication 非暴力コミュニケーション)のオンライン講座。 園を休んでも私の学びの時間…

理想のママではないが、正直な一人間である

2日続けて朝家を出る頃になって肩が痛いから園休むと言い出すムスメさん。困る。 園を休む決定権は彼女にある。前夜に明日どうしたいか、自分で決めていいことにしている。たぶん彼女自身がそれをまだ完全に理解してない。 「昨日行くって自分で決めたでしょ…

私ってそういうとこある。というマジックワード

ここ五年、人生史上最も必死に生きてきたと振り返る。母として、妻として、嫁として、苦しいことも多々あった。 子育てはあと何年だろう。最近じゃあ卒母なんていうらしい。下の子合わせて15年というところだろうか。まだ先は長いが、すでにその後の人生が楽…

誕生日と母の日が連続した週末の話

誕生日と母の日という、普段なら言えないわがままを言っても受け入れられる日が連続で来た週末。 夫や義母が何がほしい?何がしたい? と聞いてくれる。「誰の世話もせず、誰にも邪魔されず、1人で最初から最後まで食事がしたい」というため息交じりな回答し…

身体で生命を感じること

実は先日、春の訪れを感じて泣いた。目の前から暖かい風が吹いてきて、なんかもう泣けてしょうがなかった。春がきたーーー嬉しい!!と。 風がすさまじく強いけど、寒くない!海の向こうからくる南風が髪に櫛を通すようで気持ちが良かった。 (動画の音注意…

格安SIM乗り換え備忘録

利用中のmineoの安さについに夫も乗り換えることになったので、おさらいしてました。番号そのままdocomoから乗り換える設定です。友人からも聞かれるのでここに備忘録書いておきます。 ちなみに我が家は2017年1月現在でもdocomo3G回線エリア。。。 (1)端…

「愛する」主体者になった33歳

2016年もありがとうございました。 家族に大きな怪我や病気もなく過ごせたことを感謝します。 今年は「愛を知りはじめた年」だったなあと振り返ります。「愛する」主体者になったという感じでしょうか。念頭に掲げた「健康」というテーマも、身体と精神はひ…

富士竹類植物園

ここ数年ずっと気になっていた「富士竹類植物園」にたまたま時間ができ、立ち寄ることができました。竹が私にとって特別な存在であるという理由だけでなく、なんとも言えぬ神聖さがある場所でした。たまにある、次訪れてももう二度と見つけられないような気…

純粋さと探求心

旅に出て良いことのひとつに料理のレパートリーが増えるということがある。 おお、なんだこれ!という驚きと美味しさがあったら、家に帰ってから「あれ作ってみよ」「あんな感じでスパイスいれてみよう」「これしたらどうなるか試してみよう」といった類の「…

”家事”は事業的に。”産褥期という一大プロジェクト”を経て。

第二子となるムスコさん誕生から2ヶ月、幼子2人と犬2匹との生活は目まぐるしい!その間に自分とムスメさん、夫の誕生日も迎え、二度目の産褥期を経て、こちらでの生活4年を振り返り。 やはり何事も経験。母親だけでなく父親ももちろんそう。過去4年間一緒に…