nature and tech.

地球平和の前に家庭平和の前に自分平和

ダンスによるご機嫌な影響とは?

www.thebestbrainpossible.com (こちらを意訳しました by me 諸研究のリンクは元記事にあります) プロのダンサーでも、たまの週末ダンサーでも、タンゴダンサーでもブレイクダンサーでも。踊るということは、 社会的な関わりと音楽によるポジティブなパワ…

Free Dance Floor vol.1 自由ダンスの場*初開催

去る5/21に念願の自由ダンスの場を主催することができました! 何事もやってみなければ、ということでやってみましたが、とにかく嬉しかった。ワクワクが全身から溢れ出していると言われるほどに。自分好みの音楽を大音量で広いスペースで自由に動ける理想の…

この時代に、深呼吸し、ダンスする

久々に好きな文章書きがしたくなり、つれづれなるままにキーボード打ち。なんせ今日は私の誕生日♪ オンぎゃあと生を受けて、この気持ちの良い季節も36回目とな。 4月にムスメさんは小学生になり、ママと一緒にいたい「行きたくない」園児だった頃からは想像…

サンルームセルフビルド 後編

mindlogchihiro.hatenablog.com 一夏を寒冷紗の壁で過ごした後、秋にさしかかり壁と窓をつけていきます。 壁面を寒冷紗から透明トタンに張り替え、ドアとまどのとりつけ。ドアと窓はそれぞれ、過去に作って使わなくなり取り外したものを再利用。 家族の成長…

サンルームセルフビルド 前編

セルフビルドの我が家ウルスコパレスにサンルームを増設した記録。 緑の美しい5月頃、まずは周りの木々を切るところからスタート。 床だけできたところ。uecologyの予約外の時間に、梅の収穫作業と平行して作っているため、ゆっくり進みます。 柱を建て、屋…

共感疲労、無常の気づき

2019.311こちらの講演を聞きに三河湾の向こう側まで行ってきた! 完全に娘に「共感疲労」していると気づいた‥。 子育てに、人間関係に共感は大事。子どもにはたとえポジティブだとしても「エライ!」「いい子!」などの評価ではなく、「掃除が好きなんだね」…

ファイブリズムズSweat@名古屋 自分の中心に。

エクスタティックダンスについて探究心が猛烈に湧いていて、日本のしかも田舎にいてはチャンスがなかなかない中、5rythemsのSweatクラスというのが名古屋で行われていることを発見。先日、片道2時間かけて参加することができた。 名古屋の雑居ビルの二階の広…

Ecstatic dance エクスタティックダンスの世界

1月末に行ったバリ島では天気にも恵まれず、修行だった、と以前書いたが、最終日にスペシャルな体験ができた。もうそれは感動的でこの世界の見え方を変えた。 夫に子どもを託し(Thanks!)、UbudのParadisoという映画館兼ワークシップスペースでecstatic dance…

「ある」ことに気づき生きる in Bali

kinoがトランスして困った翌朝、プールで遊んでいると、kinoが(借りているビラの)外に行きたいと再び激しく泣き出した。こちらは水着だし、uiちゃんはまだプールから出たくないと言う。着替えてからにしよう、などと声をかけるも聞かず、泣き叫び続ける。…

祈りとトランス in Bali

耳をつんざく声で「ママあっち行ってー!!!!」と一晩で100回は言われた気がする。一度眠ったと思ったkinoが急に泣き叫び、餓鬼と化す。一階に行けと言ったり、二階に行けと言ったりして聞かない。嗚咽し、階段で吐く。kinoはたびたび手が付けられなくなる…

【パパによる・パパのための】髪結いワークショップ

我が子を愛する父親募集、おっさんによるおっさんのための家族平和のワークショップを開催します。 長い髪のおんなのこ。髪をといて、結ぶのは、じぶん?お母さん?お父さん? 髪をといたり結んだりするのも大事なスキンシップの一つ。アメリカの心理学者、…

“Genaration Z”に抱く希望

伊藤穰一の未来観“Genaration Z”に抱く希望 media.dglab.com 『緑の星』のテレパシーか、「攻殻機動隊』の義体化か。テクニックか、テクノロジーか。どちらもゴーストか。(いや、どちらもフィクションなんだけど)未来に人間がもっと幸せであるには、どんな…

2018盆 他人由来の仕事をこなす脳、自由をする脳

今週は昨日まで保育園に通う坊やもお休みで、当然こども園1号(幼稚園)のムスメさんもお休みである。子どもとずっと一緒に過ごすことに負担を感じることは目に見えていたが、いざそうなるとやはり心身が重い。 2歳の坊やは口を開けば「やだ」「〇〇じゃない…

苦しい時に声をあげるという態度、苦しみを紐解く繋がり

虐待する側も 虐待される側も 助けてと声をあげ、誰かに頼ることができれば、虐待の関係性から逃れることができるのではないか。 「繋がりが必要」の意味だ。SOSを出せる「第三者」の存在が必要である。「第三者」のあり方について議論がなさており、その一…

ライ麦の失敗、罪悪感から他者を責めること

3年前に地元の園芸やさんで手に入れた「たねの森」のライ麦。ライ麦料理なんてしたことのない、パンもろくに焼けないくせに、麦とか育ててみたいという好奇心、固定種のみを扱う「たねの森」カミさん夫妻への共感、緑肥にもなるという理由でライ麦を私は買っ…

労働はエラい、休息は申し訳ないという価値観

週末のイベントに向け、倉庫から使っていない畳を6畳半分出すことになっていた。 畳の上にも、手前にも、横にも‥何やら色々なものが「秩序なく」置かれているのが、目的の倉庫である。私の一番嫌いな状態。取り出したいけど、そこまでの道のりが遠い。なお…

「現金稼ぎのための時間」が減ったことについて

先日、夫がパーマカルチャーデザインの勉強に1週間家を空けていたので、前半は実家へ帰り、後半は中高時代の友達2人が我が家に3泊して帰って行った。私たち3人の共通点は「現金稼ぎのために割く時間」が多くないことだった。それぞれの経験を経て、今はそう…

春、5年の育休を終了します。

4月から坊やが保育園に行きだした。1歳児クラス。8時半ー16時半。新しい環境に好奇心をもって、順応していく坊やの柔軟性に夫婦共々驚いている。そして助けられてる。同時にムスメさんとの性格の違いを改めて感じる。 以前に保育園に入れる選択の背景を書い…

なぜ保育園に子を託すか

乳幼児の1日の過ごし方をまずは整理する。 7時 起床 遊び0.5時間 9時 保育園 7時間(うちごはん0.5+昼寝1時間、遊び5.5時間) 16時 帰宅 遊び1時間 17時半 夕食 18時 遊び1.5時間 19時半 風呂身支度 遊び0.5時間 21時 就寝 活動時間13時間のうち、保育園に…

エッセイ20180301

エッセイ20180301 3月。昨夜は激しい春雨だった。渥美半島に久々の水の恵み。ドアを開けると昨日までとは空気が違った。今日は強風もあり、少しひんやりするが、ここからどんどん春になっていく予感がする。 昨日休んだのでやむを得ず感はゼロではないが、パ…

エッセイ20180224

エッセイ20180224 土曜日。ここ数日坊やの夜泣きがなくなり、よく眠れる。今日はこども園のお友達親子を呼んで我が家の梅林でお花見の予定。ムスメさんも布団に私を呼び寄せてくっつきながら「早くよもぎ団子つくろ!」と起きる理由を自分で見つけたようだ。…

エッセイ20180223

エッセイ20180223 朝まで静かに眠れた坊やに6時台に起こされ目覚める。すでに起きていた夫が米を炊き、味噌汁を作ってくれていた。7時過ぎにご飯、平和。定時にバス停へ、「おなかいたい」もなく、すんなりとムスメさんはこども園へ。 今日はおばあちゃんが1…

エッセイ20180222

エッセイ20180222 今日は午前中永田さんの家に行く予定、ムスメさんも思った通り一緒に来たいというので、園を休ませる。椿油をきっかけに、生活の価値観の合う先輩カップルとして慕っている永田さん夫婦。いつも美しい永田家は何度でも来たい所。うさぎもザ…

エッセイ20180221

エッセイ20180221 昨夜は寝る前に坊やが癇癪を起こしてやれやれだったが、寝付いてからは朝まで寝てくれて助かった。 今日もこども園いく気になったムスメさんも7時前には起きれて、良いペースで朝ごはん、身支度、バスにも余裕で間に合った。今日は園でお茶…

なぜゴミ問題に興味を持ったか。田原市廃棄物処理対策推進協議会委員になった訳

(1)産廃施設を身近に感じて うちの店は国道沿いにあるのですが、店の前で作業していると1日に何台も産廃(産業廃棄物、事業者が出すゴミのこと)を積んだトラックが通ります。それが臭くて辛い。 ムスメさんのこども園に行く途中に中間処分場、最終処分場…

田原市ゴミのルール変更(2018年2月)に関するメモ

2月に田原市では家庭ゴミのルールが変わったばかり。先日の廃棄物処理対策推進協議会で聞いた話をもとに田原市民に私見をお届け。私がなぜゴミ問題に興味をもち、廃棄物処理対策推進協議会の委員になったかは別記。 mindlogchihiro.hatenablog.com ゴミ捨て…

エッセイ20180220

エッセイ20180220 昨夜は子どもと一緒に眠ってしまい、シロがおしっこに行きたいとふぅんふぅん鳴くので起きる。お風呂の残り湯で洗濯物を回したが、夫も私も干すことなく沈没、真夜中の洗濯干し。薪ストーブの周辺に掛けておけば一晩で乾く。しばし自分の時…

エッセイ20180219

エッセイ20180219 1時過ぎ、もぞもぞ、うーうーし出した坊や。そのままいつもの、夜泣き。私をひっぱっていって指差し、指示通りの場所に立っても、また泣く。これの繰り返し。だっこであやしてなんとか眠らせても、布団に乗るとまた泣く。乳児のここがしん…

エッセイ20180218

エッセイ20180218 夜中、坊やに毛布を掛けようとしたら目が覚めて大泣き。いつものギャン泣きと指差し要求に付き合う。「ジジ、ババがいい」と外を指差す。冬の夜1時に外に出るつもりはないが、その気持ちに共感する。「お外行きたいんだね」「ジジババがい…

エッセイ20180217

エッセイ20180217 土曜。今週ずっとインフル謹慎だったので、曜日の感覚がない。午前中はウエコロジーで夫によるヘアカット。最初はおばあちゃんのカットとヘナ。その間私と子ども2人で外で遊んで過ごす。 ムスメさんに「坊や抱っこだからこれ持ってくんない…