読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mind_log_chihiro

地球平和の前に家庭平和 / nature and tech.

ゴミではなく素材

社会 ゴミ問題

f:id:mindlogchihiro:20161218100627j:plain

ムスメさん4歳はいつの間にか工作少女になっており、なにやら切ったり折ったり貼ったりと黙々とやっております。幼稚園で作ったハロウィンカボチャのステッキを一度覚えたらたぶん通算100個くらいは作り重ねたのではないでしょうか。

ある時は、部屋のパーティション的に使っていた布の解れを切ってトイレットペーパーの芯に貼って、ダイオウイカ?

とにかく芸術なのですが、環境整備係の私としては毎日に新たな課題ができました。

f:id:mindlogchihiro:20161209135255j:plain

それは「ゴミか素材か」という問う範囲が拡大したことです。

かわいい折り紙の切れ端も小指以下の大きさなら(なんでも口に入れる赤子がいることもあり)ゴミ箱に入れるけど、それ以上だとうーーんまだ素材かな、とっておこうとなります。ものすごい細かいもの、なんでもない空き箱や紙芯も宝になる可能性が出てくるのです。

 

いつか何かに使うかもしれないから、とっておく。でもそれには相当の労力がいる。
このご時世に「ま、また買えばいっか」ではなく。これは根強い生活のテーマではないでしょうか。

 

ホコリを拭いたり洗ったり使えそうな状態にする「クリーニング」
とっておく物理的な「スペース」
分類してそこにあることを記憶しておく「インデックス」
そしていざ、あれを使おうという「ひらめき」または「工夫のスキル」。
このすべての条件が揃うと、物は「ゴミではなく素材」になるのです。

 

これを社会全体でやろうとなると、「システム」や「法律」として必要になるのだろう。フランスの食品廃棄ゼロにする法律とかはまさにそう。

grapee.jp

 

「ゴミではなく資源」についてもまた書こうと思っていますが、「素材として利用」は「資源としてリサイクル」よりも、よっぽど低負荷です。その点、企業が産業廃棄物を「素材」として売り出している事例に注目しています。

 

モノファクトリー 

モノ:ファクトリー - 発想はモノから生まれる

 

マテリアループ

materialoop(マテリアループ) |

 

リビルディングセンタージャパン

ReBuilding Center JAPAN

 

ご先祖代々住む土地に嫁に来て5年。パンドラボックスと化した部屋や倉庫の整理を買って出てやって来ました。夫と私の間では「サルベージ」が日常用語になっています。そしてこの家の”発掘調査”はまだまだ続いています。

私はやはり整理分類魔で、何十年も誰も開けたことのない箱を開けては、トルソー、隙間風防止テープ、刃物、ロケットエンピツ‥ありとあらゆるジャンルの大物から小物まで、カオスを秩序へと導いては悦に浸っております‥

f:id:mindlogchihiro:20161213105935j:plain

 

そして、おばあちゃんの寝間着を発掘し、ムスメさんのエプロンにしたり、雑巾にしたり。かつてのカーテンを我が家にかけなおしたり。

古着や古布だけでも相当あります。置いとくだけでも場所とるのに、それを続けていたら穴が空いた靴下まで簡単には捨てられなくなりました。実際、穴は直して履くのはもちろん、靴下を袋代わりに乾燥ラベンダーを入れてタンスの防虫剤として使ったりしています。

 

f:id:mindlogchihiro:20170108015858j:plain

いまや紙のコーヒーカップも洗って取っておくようなビンボー症の私ですが、東京時代は毎日コンビニで何か買っては捨ててました。断捨離的にエイヤで捨てるのが良いことだと思っていました。置いておく場所がないし、その思い切りが気持ち良くて。実母の口癖は「新しいの買えばいいのに」だし。

 

場所がないけどっていう方には、現状使わないものを預かってもらえる、しかも内容インデックスまでしてくれてネットで見れるっていうスゴイサービスもあります。

tabi-labo.com

過去DIYしてきているものも倉庫から出てきたものを使っていることがほとんど。料理もそうだけど、「あるもので」精神で、「工夫のスキル」を磨いていきたいです。

「愛する」主体者になった33歳

日記

2016年もありがとうございました。

家族に大きな怪我や病気もなく過ごせたことを感謝します。

 

今年は「愛を知りはじめた年」だったなあと振り返ります。「愛する」主体者になったという感じでしょうか。念頭に掲げた「健康」というテーマも、身体と精神はひとつであるからして、家族で生きていく上では愛は重要なファクターだと思いました。

mindlogchihiro.hatenablog.com

mindlogchihiro.hatenablog.com

 

 

 

f:id:mindlogchihiro:20161111093743j:plain

 

 

 

最近ひしひと感じるのがこの土地への愛。地縁。

「人間は好きな所に移動できるけど、家や植物を含むこの土地は動くことはできない」それは頭で考えればあたりまえのことなんだけど、今年までちゃんと感じられていなかったことの一つ。

ご先祖様に毎日供えるご飯、子の誕生記念樹が毎年つける果実、地の神様、元屋敷跡地に佇む(たたずむ)巨木。両親とも田舎がなく新興住宅地生まれの私にはどれも未知のものだったけれど、この5年間、ほぼ毎日家の物を食べ、倉庫に転がってた古道具を使い、竹で塀を作り、椿で油を絞る‥など、この地の資源を活用して生きることは、ご先祖からの生命の連続性を細胞レベルで知ることだった。(もちろん、使えるように整える仕事がまずあるけれど)クラシカルな動機だけれど今年は長男を授かったことも大きい。根ざすというのはこのことか。

mindlogchihiro.hatenablog.com


高崎家の人間になったね、実家の母からもそう言われたが、つまりそういうことでもある。私もそう気づいていたが、実母からそう言われるとお互い嫁としては共感半分、母親としては淋しさ半分だった。

子への愛を知ると、自分を育ててくれた親の愛にも気づく。子への愛とは、その分、毎日のイライラとか、心配とか、喜びとかも含まれている。たぶん、もっとこうしてあげたかったとか、あの時はこうしてごめんなどの後悔のような念も。そういう意味では実親とは新しい親子関係のステージに入ったとも言える。そう思いながら、東京から田原に帰る。

 

そして、私はこの暮らしを愛してるんだなあ、といつものように洗濯物を干しながら噛みしめる。落ち着いてヘナを剪定していると、私だけ遠くに行っててごめんよ、という気持ちになる。ディズニーランドに行ったり、ライブを聴きに行ったりしても、今の私が一番望んでいるのは家の敷地内で何かすること。やりたいことだらけで時間が惜しい。どこにいるよりも創造的で、機能的で、理想的に過ごせる。

 

そんな折に、NHK世界のドキュメンタリーでチェルノブイリの半径20キロ圏内に住み続けるおばあちゃんたちのドキュメンタリーを見て、改めて「ふるさと」について考える。

www6.nhk.or.jp

www.youtube.com

 

フクシマ原発の事故があった時の私にとって「ふるさと」は単なる概念だった。「20キロ圏内は人が住めなくするしかない」とか「健康を考えたら避難するしかない」とか、当時と今では、複雑であることには変わりないけど、違う気持ちになる。

この土地と暮らしを失いたくない。平和を願う気持ちは「愛」があると、余計に強くなる。家族を、暮らしを、土地を守りたい。

 

世界中の苦しみや困難の中にある人たちに平穏が訪れますように。中高時代なんども唱えたその祈りの意味がやっとわかってきた気がする。

 

とはいえ、いや、だからこそ?引き続き、地球平和の前に家庭平和。来年も目の前のことをコツコツとやっていきたいと思います。

薪ストーブver3.0

DIY urschopalace

f:id:mindlogchihiro:20161214225448j:image

うちの宝。究極の物欲が満たされつつあります。

夫いわくここ10年ずっと頭の中で考えてきたものがやっと完成型に近づいてきているそうです。今年はお義父さんと叔父さんのおかげで薪や焚き付けも良いものが揃い、ススが付かず火も一層美しい。満足気にストーブ周辺で常にゴソゴソやっている夫は火を見過ぎてドライアイになった笑

自由研究をバカみたいに続けるのがアーティストの条件だなとつくづく思う。

 

今年の工事では、

・中に煙突の配管を組み合わせ全体的に煙の引きを良くする改善

右上に飛び出しているバケツの中で温水を作り、床暖房と太陽温水機と繋がっている温水パイプを湯煎する仕組みの追加

・熱が逃げる原因になっていた上の調理用鉄板の面積の縮小

・薪オーブンの庫内もアーチ状に変更。

 などの変更があった。

 

f:id:mindlogchihiro:20161216204952j:plain

昨年のバージョンはこちら。

mindlogchihiro.hatenablog.com

 

なんでそんなこと思いつく?って私をはじめ皆んなから質問されると、「たくさん失敗してるもん」との回答。たしかに作っては壊しを繰り返している。。

と書くのは簡単だが、実際には粘土を粉々に叩き壊し(ドンドン、ズイイイイイイン)、ススだらけのレンガを外し(まっくろ)、悩みに悩み、ある瞬間に一気に今度は濡れた粘土でまたレンガを積んでは(ベトベト、ボトッ)塗り固めるという作業がある。

f:id:mindlogchihiro:20161214225216j:image

これが普通に暮らしている家の中で行われているんだからスゴイ。しかも寝床の真横で。自分でも笑える。

夫はそうさせてくれる私に感謝と言ってくれているが、発想と探究心のある夫のために場を整えることくらいしか凡人の私に役割はない。カイゼン大好き、より良くするための努力は善。

f:id:mindlogchihiro:20161214225258j:image

そもそもこの家もかれこれ10年超、1からセルフビルドで、家族の成長とともに進化しを続けており、去年と今年が同じ景色ではない家内。

その象徴ともいえるのがこの薪ストーブ。火のある暮らしは私にnature and tech.というテーマを与えてくれた。私は我が家の薪ストーブをバージョン管理して高崎家の歴史に残すんだ!という気概でこれを書いている。

f:id:mindlogchihiro:20161214225355j:image

 

つづく‥